天恵の酒~神話世界の旅路の果てに~

作者 長月そら葉

鬼は人を喰らう悪であったか

  • ★★★ Excellent!!!

 この物語は古代日本のファンタジー。
 人と鬼と神が交わり描く、桃太郎創作への挑戦の作品だと思います。
 この物語の鬼には種類があり、この作品にてその存在が示されています。
 いくつかの謎が存在するこの物語。一風変わった桃太郎の世界を楽しめると思います。
 これからの展開を楽しみしています!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

 少年は、気づいた時から、森の中で独りで暮らしていた。それまでの記憶を持たないまま……。
 ある日、少年を殺さんとする少女に襲われた。少年が狙われた真意とは……?
 そして、偶然通りがかった者たちに… 続きを読む

ヘイさんの他のおすすめレビュー 75