終末世界は電子と白く

作者 結月K

254

90人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

作中描写からイメージできる世界の情景がとても幻想的と思える作品。
スノウホワイトとランプの設定も、冬世界の吸血鬼にその命の灯火みたいな感じで、なんかオシャレな印象あります。
恐ろしい怪物に対して、人類の武器となったイクセリアシステムも、その機能に関して「X-reality(未知なる現実)の超高速演算」とか、表現がなかなかかっこいいと思う。

核の冬のような現象を連想させる、世界を凍りつかせた厄災「白き終末」の設定などは、いろいろ考察の余地があって、SF的によいかと

★★★ Excellent!!!

隕石により地球に大寒波が押し寄せ、世界は白く凍りついた。霜と氷だらけの場所で目を覚ました白瀬灯弥(とうや)は、変わり果てた町を歩いていると、一人の少女と出会う。

寒さに凍える彼女が発した言葉は「ころしてくれ」だった。

彼女は人ではなく、凍雪殻(スノウホワイト)と呼ばれる化け物だった。

Good!

タイトルの通りである。恐らく作者の頭にはその場面の情景が完全に… そう、そこに漂う空気の匂いさえイメージ出来ているのだろう。
でなければ、あそこまでの描写は並の人間にできるものでは無い。

氷ばかりで快適ではないだろうが、異世界感にどっぷりハマりたい人には手放しでオススメ出来る作品だ。

★★★ Excellent!!!

 この現代、私たちは地球温暖化という問題に直面しています。
 徐々に海面がせりあがり、雪の降る回数も減りつつある。
 そんな中、この作品の世界は、私たちの世界と変わらない日常で、『寒さ』に突如として襲われるのです。

 日常が一瞬で非日常に変わる恐怖。
 生物を死へと追いやる暴力的な極寒。
 思わず息をつめてしまうような白い世界の風景。

 それら一つ一つの描写がほかの作品とは一線を画しており、まさに傑作としか言いようがありません。

 主人公を襲う深い絶望、一時の希望、そして再びの暗い絶望。
 描写力もさながら、ストーリーの展開はまさに圧巻の一言。

 現代であるはずなのに、まるで異世界のようなその空気感を、ぜひ感じてみてください。
 暑い夏も、寒い冬も、きっとあなたを真っ白な世界へと連れて行ってくれるはずです。

★★★ Excellent!!!

謎めいた世界観に引き寄せられた読者は多いと思います。作中に書かれている謎は、まだ謎のうちに入らない。そう思わせるような重大な謎が隠されている気がします。
謎を追おう。全ての謎が解明されるまで、主人公と共に凍りついた世界を走ろう。
『謎』が好きな人にお勧めしたい作品です。

★★★ Excellent!!!

西暦2094年。
日常は、何の前触れもなく世界が一瞬で一転した。

「こんな真っ昼間から――――流れ星?」

そして、人類は……。
全てを凍結にし、そして辺りは「氷の世界」で覆われた。
主人公の青年、白瀬灯弥は東京の新しい世界に戸惑いながらも、この世界が今どうなっているのか動き出す。

一切無駄な文章が削られた描写は、読者をじっくりその世界に引きずり込み、常に緊張感を誘う細かさはまさに傑作!!

謎の少女との出会い。
そして「スノウホワイト」とは一体何なのか!?
この世界がこうなった秘密は?
何故主人公がこの世界で生きていられるのか?

読者を惹きつけ、それでいて時間を忘れさせるアニメを見ている感覚で、凄い作品としか言いようがないレベルの作品です!!
いい意味で読者を疲れさせ、鋭利を突く付けられたように圧倒する文章力はとても凄いと思いました!!ぜひ、ご覧あれ!!

★★★ Excellent!!!

 圧倒的な語彙力から織り成す雪白な世界が美しく、そして儚く感じさせてくれます!

 読んでしまえば世界観に没頭する事間違いなし!

 白瀬灯弥と凍雪殻《スノウホワイト》である少女が関係性を少しずつ深めながら過酷な世界を生き抜く様は必見‼︎ 間違いなく面白いです!

★★★ Excellent!!!

 描写力の高さに感動を覚えながら読み進めました。
 人物の心情描写はもちろん、風景や機器の説明、細部に至るまでが豊富な語彙力で表現されていて、頭の中ですぐにイメージが沸き、世界に没入して楽しませていただきました。

 また、1話1話の練り込まれた構成と引きのタイミングも絶妙で、次はどうなるのかな、とワクワクしています。
 毎回が濃厚かつ重厚で、これから主人公たちがどんな活躍を見せるのか楽しみです。これからも応援しております。

★★★ Excellent!!!

 自分は比較的暖かい場所で育ったので極寒の地はイメージし辛かったのですが、この作品を読むとその苛酷さがひしひしと伝わってきます。そして同時に、凍えるような地で生まれた物の美しさも垣間見ることができます。
 必死にもがくことが生きる上で非常に重要だということを教えてくれる作品でした。