まぼろし

作者 D・Ghost works

26

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

特に何が起こる、というお話ではありません。
ストーリーもあってないような。
職にあぶれた男が公園で盲目の老人の昔話を聞く。
本当にそれだけなんです。

しかし、無職という身分のやるせなさ、不安定さ。
老人の語りの巧さ。
心から称賛したいです。
最終話の主人公の行動にはみんなが共感するはず。

老人は実在していた? それとも最初は現実で最後はまぼろし?
少なくとも若者は貴重な体験をしたはず。
不思議な余韻がありました。

★★★ Excellent!!!

 御贔屓の作家の新刊を待って開店前の書店に並ぶ読者のように、私は朝早くからネットにつなげたPCの前にじっと座り「まぼろし」第三話のアップロードを待っていました。(嘘です。本当は、起床時まだアップされていなかったので、テレビをみたり朝ご飯を食べたりしていました。ごめんなさい)
 映画『ニューシネマパラダイス』の一シーンを勝手に思い浮かべ読み始めたのですが、直ぐに「一寸違うな(いやかなり違うな)」と気づき、スタンスを変えて読み直しました。
 コロナ禍で仕事(非常勤講師)にアブれ、もう三か月も自宅に引き籠っている私は主人公=語り手の若者に自分の姿を思いっきり重ねながら、この多くの謎が複雑に入り組んだ、しかし綺麗に整列しているようにも見える不思議な物語を何度も読み返しました。(嘘です。たったの二回しか読み返していません)
 ほとんどの謎が、第三話の老人の語りに収斂されます。
 老人が金を貸した手引きの少年に投影された者は誰なのか。(私は語り手の若者ではないかとおもいました)
 船代を払ってくれた奉公人とは誰なのか。(私は手引きの少年=語り手ではないかとおもいました)
 渡河の途中で舟を返して戻る元の岸とは何処なのか。(私は語り手が待つベンチかとおもいました)
 その他…
 老人が渡し舟で行こうとした先は何処なのか。
 老人は元の岸に何をしに戻ったのか。壊れたベンチ、ブランコ、釣り道具、老人の歌、缶コーヒー、その他諸々の小道具は何のメタファーなのか。
 主人公の体験は幻だったのか現(うつつ)だったのか。そもそも、幻と現に境はあるのか。そして、作者は何故、三つに割った物語を一話ずつ公開したのか。
「だいたい見当はつくでしょ? でも教えてあげないよ」と、この物語の作者はほくそ笑んでいるに違いありません。
 この小説は至高のリドルストーリーです。
 これだけの小説がKN文学賞を受賞しなか… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

 失業中の青年が、盲目の老爺と邂逅することからはじまる物語である。
 前半で言及されているように、曩時より、巨万の盲目の作家たちが巨万の物語を創作してきた。ホメロスを劈頭とし、ミルトン、ボルヘスもこれにあたるだろう。と雖も、作者様のイメージしているのは、琵琶法師によって口伝されてきた平家物語のようだ。
 睛眼者のみえる世界がみえない老爺と、健常者にはみえないものまでみえてしまった(かもしれない)青年という対蹠は、文藝作品としてはありきたりかもしれない。が、老爺と青年の『物語り』が、形式上、並列に攪拌されている本作では、終焉部でも理解されるように、老爺と青年、障碍者と健常者という階層秩序的二項対立は脱構築される。
 此処において、青年は盲目である老爺の『視点』をもちいて老爺の人生を体験する。其処で、金銭を譲渡した少年が、おそらく、老爺が三途の川をわたる船賃をはらってくれるという構造なのだろうし、此処も非常に伎倆がさえている。が、個人的には、斯様な大衆文學的な仕掛けよりも、矢張り、平家物語を髣髴させる『口伝』という構造が浮彫にされるところに蠱惑された。
『ゆったり語られる老人の話は今まで聞いた話とは少しばかり違った趣で、なにかの伝承の様な含みがあった。』と後半にあるように、老爺は躬自らの人生を青年に口伝して、口伝された青年は本作の視点人物として、老爺の人生を我々読者に口伝する。
 此処において、老爺が青年に『物語る』ということは、すべての作者が読者に『物語る』という構造とアナロジーをなす。作者は読者が『みえない』し、読者は作品が『みえすぎてしまう』立場にあるわけだ。また、愚生が恁麼の物語を評論するとき、『口伝された物語がさらに口伝されてゆく』前述の構造とかさなる。畢竟、本作は『物語る』ことについての『物語』といえる。メタフィクションではなく、あくまで、自然主義文學として文學を… 続きを読む