《エッセイ》あなたのこと、わたしのこと

作者 このはりと

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全158話

更新

  1. はじめに
  2. またエッセイを始めた理由
  3. 支えとなるもの、ありますか?
  4. ピアノ曲が好き
  5. うれしい朝
  6. 同じ時間を
  7. ペンネームが重なる
  8. 「書く」タイミングの後悔
  9. 物語が動き出す「絵」
  10. 自身の物語で泣く
  11. 公開への重圧が、ふわりと軽く
  12. アマチュア? だから何?
  13. ゴールデンウィーク(2020年)
  14. ささやかなしあわせ
  15. 見えないところに気づく
  16. パンを届ける女の子のように
  17. 顔が見えなくても
  18. くすり湯となつかしい匂い
  19. よくない夢で
  20. 書いてみたいもの
  21. 贈り物を考える楽しみ
  22. 朝の日課に
  23. 支度は秒で
  24. 出してはみたものの
  25. 明日は明日で
  26. 誰かを思って
  27. 届かなくても
  28. マウンティングしない
  29. 物語の一部を体験
  30. 組み立てる楽しみ
  31. 悩みを楽しむ
  32. 当然じゃない
  33. おいくらですか?
  34. 「遅いよ……」と
  35. 束にしない
  36. そのフォロー、どのルートで?
  37. 声があたる
  38. 夢で書く
  39. 他の作家さんが、わたしの中で生きる
  40. 近所のスーパーで素材さがし
  41. 磨くにも
  42. 「会いたい」気持ちが勝る
  43. 気持ちがあわさる
  44. 気持ちが知りたくて
  45. 呼び起こす「声」
  46. メッセージ性
  47. ご想像にお任せ?
  48. スキマだらけのおかげで
  49. 性別の必然
  50. カクヨム走馬灯
  51. 外出
  52. おそとでカクヨム
  53. 壁に話すのではなく
  54. 信じて待つ
  55. 一気読みの誘惑
  56. 心の疲れをからっぽに
  57. ひっかかり
  58. 出せなくなる“手紙”
  59. 書く環境の変化との格闘
  60. だからこそ、応援したくなる
  61. 二次創作に興味津々
  62. 「これじゃない」の気づき
  63. ひとりを得る
  64. 瞬きの間を大切に
  65. 「もう少し」の楽しみ
  66. 自分には見えないもの
  67. ボツです。
  68. 応援に応援をもらううれしさ
  69. やり遂げたいけれど
  70. 『順番!』
  71. 不慣れなことをして得る
  72. 人でないものにも言葉を
  73. 応援する日
  74. たまには無音で
  75. 胸に迫るものは──
  76. 笑ったらすぐに応援
  77. レベルアップ?
  78. 自分のための応援
  79. すっきりした頭で
  80. 友人が褒められているようで
  81. 自分で助かる
  82. 崩すのなら寄り添う
  83. 自分と向き合う
  84. 長い長い十五分
  85. 夜のあじわい
  86. 勘違いして読む
  87. カクヨムをはなれたくなる
  88. PVの少なさによる安心
  89. それは、嫌う理由にならない
  90. 距離のつめかた
  91. 「おしまい」
  92. 意識の外で聞く
  93. 毒が抜けるまで
  94. それでも読んでくれる人
  95. 眠気にまさるもの
  96. あまやどり
  97. 確かここに……
  98. ほどほどに
  99. 少食に?
  100. 特別なことは何もない
  101. あなたのこと
  102. 当てにいかない
  103. 片想いを楽しむ
  104. 空席はいつか埋まる
  105. 心身を鍛える
  106. エッセイのありがたさ
  107. どんなに疲れていても
  108. 気持ちを取り違えない
  109. 他の誰でもない「あなた」へ
  110. 最初でなくても“一番”
  111. 不良読者
  112. いけない読みかたのような……
  113. 待っていてくれる本のように
  114. 思いを読む
  115. お礼もカクヨム
  116. ときどきでいいので
  117. あなたの「書く」がうれしい
  118. 物語を開くカギ
  119. 見えない人へのお礼
  120. 言葉がわいてこなくても
  121. 習慣と心の作用
  122. 続きは夢の中で
  123. ファンレターでなく「手紙」を
  124. 停滞と言われれば……
  125. 気持ちの届けかた
  126. 作品への応援でなくても
  127. 「あなた」がいて成り立つ
  128. 誰かの一番でなくても
  129. あたたかく迎えられる
  130. 「読まれたい」のでなく「読みたい」
  131. 待っているのは誰?
  132. 優劣でなく
  133. 「あなた」のためは自分のため
  134. 何気ないようで特別な
  135. 「あなた」を忘れない
  136. 作品がすべてでない
  137. たとえお礼でも
  138. 友人を想う曲
  139. そっと
  140. 過去が今を驚かせる
  141. 「あなた」から届く答え
  142. 嘘をつき切るための足踏み
  143. 新雪のような
  144. ずっとこの時間が続けば
  145. ふいにこみ上げてくる感情
  146. もう少し近くに
  147. そのひと言が道標
  148. 読むのは義務感からでなく
  149. ユーザ辞書も楽しみに
  150. ♡ボタンを押す前に
  151. 静かだからこその幸せ
  152. 応援したことを忘れる
  153. 隔てるものを越える
  154. 「難しい」は、みな等しく
  155. うれしいときに選ぶ言葉
  156. 心の姿を知る
  157. 暗闇の中にまたたく光
  158. 「あなた」を想像する