おばちゃん(?)聖女、我が道を行く ~聖女として召喚されたけど、お城にはとどまりません~

作者 実川えむ

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第42話へのコメント

    中身はオバサンなのに今の所オバサンらしくない。子供の身体に精神が引っ張られるとかいうアレですか?

  • 第244話へのコメント

    座るところは、船のマストに使うようなしっかりした生地にしてもらった。

    細かい事ですが、帆布の事を言わんとしているのは伝わってますがマストは帆柱なので、船のセイルに使うような、か船の帆布に使うようなの方がよろしいかと。

  • エピローグへのコメント

    読み終わりました!
    楽しく読めました!
    ありがとうございます!!
    おばちゃんが主人公ってどんな感じかと思いましたが、いいお話をありがとうございました。
    この話でちょっと違うなって思ったのは、聖女の能力と言うか呪いの浄化と言う観点から、呪った本人に倍返し…的な『人を呪わば穴二つ』がしっかり徹底してること。
    最初の第三皇子の従者の子は無理やりやらされてたっぽかったですが。
    番外編と続編もあるとのことなので、次はそっちを読ませてもらいますね!
    イザーク兄さんはもう少し方向性考えないとこのままじゃ恋人昇格には相当時間かかりそうですねー。頑張れと思いました(笑)
    その辺りも楽しみです。

  • 第356話へのコメント

    薬屋さんは店主のおばあさんが孫に会いに行ってるはずだけど開けて大丈夫なのかな?とちょっと思った。あと、またボブさんになってましたよ。
    アリスお母様…大丈夫かなぁ…続き読みます!

    作者からの返信

    ご指摘ありがとうございます。
    修正しました。
    (店はおばあさんが戻ってきた体で開けています。^^;;)

    2022年8月1日 12:08

  • 第342話へのコメント

    ライラさん、以前メイドさんの名前で出てきてましたが同名でも、問題ないですか?

  • 第257話へのコメント

    ここまでほぼ一気に読ませていただいてます。とても面白いです。(森の家の管理人さんのお名前が、ボブさんになってますよ。)

    作者からの返信

    ご指摘ありがとうございます。
    修正しました。^^

    2022年7月31日 20:58

  • 第357話へのコメント

    ああうん。仕事しないマスターさん、地獄の沙汰を楽しみにね()

  • 第355話へのコメント

    赤ん坊は邪気が無いからいいよね……(※ただし転生者の類は除く)

  • 第324話へのコメント

    コークシス第三夫人、爆☆殺!

  • 第316話へのコメント

    か、肝心な部分があ!?( い つ も の )

  • 第305話へのコメント

    これはきもいわwww
    魂を比べれば婆専に、器を比べればロリコンに。どっちにしろアレさ極まる。

  • 第302話へのコメント

    どこまで行っても祟るというか、もう手紙を受け取るシステム(道具?)自体を投げ捨てた方が良いような気さえしてくるね……。

  • 第289話へのコメント

    浄化ビィィィム!!!ってビームなんかーい。

  • 第273話へのコメント

    精霊の皆さま、わりと人間らしいっていうかロマンが分かってるね

  • 第271話へのコメント

    半ば無理やり連行しておいてひでー言い草だwww

  • 第241話へのコメント

    この「歩く要塞聖女」が足手まといになるものだろうか……?
    ああ、体力やメンタル的な問題はあるかも?

  • 第225話へのコメント

    間接的に「神の威」を虚仮にした訳だからね、仕方ないね。(訪れる大災害を想いつつ)

  • 第210話へのコメント

    こりゃ怒るわ。なんなの帝国、アホなの?

  • 第207話へのコメント

    冗談で書いたんだけど、本当にSAN値(正気度)が回復しそうなあめちゃんで草。

  • 初恋を失った王子の嘆きへのコメント

    《アイテム:おばちゃんのあめちゃん》
    あなたのSAN値を10/100回復する。

  • 第202話へのコメント

    信頼と安心(?)の魅了キター?

  • 第192話へのコメント

    うわあ迷惑。第三王子様のせいで王家の株がゴリゴリ削れる音が聞こえる。

  • 第189話へのコメント

    どんな色の光でも、あまりに強いと真っ白になるよね。

  • 第185話へのコメント

    「ガビーン!」という顔が目に見えるようだ……!(歳がバレるやつ)

  • 第184話へのコメント

    そう、神と教会は同じじゃない。特に、神の声というやつが一般的ではない場合は。

  • 第182話へのコメント

    うわあ逆恨み200%。
    歳を考えれば酌量の余地はあるけど、ぶつけられる方にとってはたまったものじゃないでござる。

  • 第171話へのコメント

    遺された者、遺すしかなかった者、どちらも間違っていないから悲しい。

    心の支柱が無ければ立っていられない、それはどちらも同じこと。彼女の柱が折れないことを祈ろう。

  • 第170話へのコメント

    自分無宗教だけど、こんな神なら信仰できるかもwww

  • 第162話へのコメント

    聖女パゥワーに加えてイカレ魔力も確定したか。

  • 第119話へのコメント

    呪いに同化されてしまったか……。哀れ。

  • 第110話へのコメント

    ちょっとした拷問www
    でも善意99%だからあんまり文句も言えない(´・ω・`)

  • 第91話へのコメント

    しかし何で赤いんだろうね。ほんのりってのも気になる。ガチの敵なら真っ赤っかだろうし。

  • 第87話へのコメント

    押し付けるのは良くないというべきか、郷に従えというべきか。

  • 第50話へのコメント

    添い寝。本格的に気持ち悪いやつになってきた……。

  • イザーク・リンドベルは少女を抱きしめたいへのコメント

    なんか魅了魔法でも食らったみたいになってて草。

  • 第46話へのコメント

    第三者から見ると、これ普通に通報案件っぽい絵面なのでは……?

  • 第42話へのコメント

    だいじょぶだいじょぶ、ずんばらりんと斬られちゃうよりマシさ☆

  • 第38話へのコメント

    ぶっちゃけ胡散臭くて近寄りたくないよねえ……。

  • 薬師の老婆は口惜しさに歯噛みするへのコメント

    このパターンは珍しいwww

  • 第17話へのコメント

    工呀くくこ僞

  • 第2話へのコメント

    神がオネェ、、、新しいなw

  • 第305話へのコメント

    コメントがしんらつでおもしろいねw

  • 第53話へのコメント

    前の旦那さんが嫉妬しそうw

  • 第265話へのコメント

    双子よ、多分軽く見られたらそれはそれで怒るくせに…。妹扱いの親戚の子って事にした方が問題なかったと思うぞ。

  • 第307話へのコメント

    核心(確信)

  • 第2話へのコメント

    神様がオネェ…
    意外でした。

  • 第297話へのコメント

    上の方に置換漏れです

    「朝靄で白く煙っている庭に出る。久しぶりの森の家だったけれど、庭も手入れがされていて、ボブさん夫婦がマメに…」

    作者からの返信

    ご指摘ありがとうございます。
    修正しました。

    2022年5月28日 22:21

  • 第241話へのコメント

    上の方に置換漏れ残ってました

    「森の中の家のことは、ボブさん夫婦に任せることにした。」


    この時点までに対応された部分は、返信と修整確認させていただきました。

    お疲れ様です。m(_ _)m

    作者からの返信

    ご指摘ありがとうございます。
    修正しました。
    確認もありがとうございました^^

    2022年5月28日 17:23

  • 第194話へのコメント

    王族の、学生時代の、恋愛話で、
    「ハイデルベルク」の名前

    誰もコメントしていないのが寂しい

  • 第168話へのコメント

    中程のセリフ
    「一応、家の管理を任せているボブさんご夫婦と…」

    置換漏れです

    作者からの返信

    ご指摘ありがとうございます。
    修正しました。

    2022年5月28日 09:02

  • 第161話へのコメント

    「寝室から出てみると、…
    この前はボブさんたちがいたから…」

    置換漏れです

    作者からの返信

    ご指摘ありがとうございます。
    修正しました。

    2022年5月28日 09:01

  • 第160話へのコメント

    最初の空白行の後で
    「自分でも結界は張れるから…
    ボブさんたちは…」

    魔道具が届いたところ
    「ボブさんご夫婦」

    残ってます

    作者からの返信

    ご指摘ありがとうございます。
    修正しました。

    2022年5月28日 08:59

  • 第159話へのコメント

    最初の行に「メアリー」
    最後の方のセリフに「ボブさん、メアリーさん」

    置換漏れ有ります

    作者からの返信

    ご指摘ありがとうございます。
    修正しました。

    2022年5月28日 08:57

  • 第267話へのコメント

    服はクリーンでキレイにしてたのでは?

  • 第221話へのコメント

    皇太子のところからも、ここからもそうだけど、転移なんで使えるの?
    行ったことない場所だよね

  • 第205話へのコメント

    魅了魔法は周知されてないの?
    対策されてないどころか、誰も疑いもしないのが気になる

  • 第366話へのコメント

    いきなり光るなっ!とかw
    そうそう出ないツッコミwww

  • メイドは怒りで涙を零す(2)へのコメント

    ずっと女女言ってるけど、少年と間違うような容姿なら少女でしょう?
    あのメスガキとかならともかく、女ってwww

  • 第351話へのコメント

    仮にもBランクでこれか……。
    まぁ人を殺めまくってるAランクも居たからなぁ……。
    解雇は当然として魔封と加護没収は堅いか?

  • 第343話へのコメント

    おぉ!
    ここでヘリウスのお馬鹿さんにも
    精霊が見えてしまうフシのあった(から隠してた)伏線が回収されたのですね!
    スッキリ(*´ω`*)

  • 第339話へのコメント

    馬を取りに行くのかと思ったら
    馬車を現地調達は想定外でしたwww

    そして情報収集にも使われない
    哀れなミスターポポ氏(゜-゜)

  • 第334話へのコメント

    ぶっきらぼうながら
    密かな愛情……いいですなぁ(*´ω`*)

  • 人を呪わば ーコークシス第三夫人の場合…へのコメント

    アカン……分かっていても
    どうしてもウル○ラの母になってしまう。
    生き残ったよ!ウルト○の母!!

  • 第321話へのコメント

    呪いのかけ方が今までと違って
    「食べさせた」だから、ちゃんと呪い返しが起こるか心配(´・ω・`)
    返っても首謀者は逃げおおせそうだけど💢

  • アルム様はご機嫌斜めへのコメント

    まぁ、だって、分厚い説明書とか読まないし?
    大量に項目or情報量があるステとか、必要に迫られなければ読みたくないし?
    ナビゲーションなら主項目だけでも音声付きでナビればよかったのに。

  • 第130話へのコメント

    常に悪意を感じながら鑑定が癖になるとか。
    自己防衛的にはいいんだけども精神衛生上最悪ですね(苦笑

  • メイドは怒りで涙を零す(2)へのコメント

    小説とか漫画とかドラマとか映画とか。
    架空創作物に触れる機会が伝説とおとぎ話くらいないと、「その先」を想像する頭がなくなるのかもしれない。
    確かに可能性のある、間違ったことは言ってないんだろうけど。
    思い込みと決め打ちが過ぎて、間違った場合にどこに責任が行くのか想像できていないのは、こういう時代の若くてちょっとちやほやされちゃう子には多いのかな。

  • 第108話へのコメント

    そもそも神様が聖女として遣わしたわけじゃないんだよね。
    元々は聖女の力なんぞ無く、ただの令嬢として生まれるのが神の御心だし。
    そこをはっきりさせないと、神が遣わした使命に逆らうのかとか言い出すやついそう。

  • 第107話へのコメント

    なんか、召喚犯罪者の王子もそうだが。
    聖女ってアイテムだと思ってない?
    もしくは「聖女」って神様、もしくは使いみたいな、聖職の務めや使命を持った概念?

    他国のパンピーである以上。
    感情も好悪も都合も家族友人も存在するんですけど?

  • 祖父母は孫(?)に会いに行く(1)へのコメント

    再会果たした時
    「お母さんは悪くない。本当はちゃんと生まれてたの。でも隣国の召喚で魂をカッさらわれたから……」
    って話たら、国際問題どころじゃないよなあ。

    だって聖女召喚もアウトっぽい上。
    魂拉致、隣国辺境伯待望の息女殺害(過失?)、監禁、治療以外の対応可能劣悪、将来飼殺し予定……だし。

  • 第59話へのコメント

    イザーク。ヒーロー役なんだろうけど。
    スタート時の気遣いのなさっぷりが今だにチクチクする(苦笑
    惹かれた男の暴走描写だとしても、あれはなぁ。
    まぁ、一気読みしてるせいでついさっきのこととして印象残ってるからなんだろうけど。
    数日掛けて読んでればとうに忘れてるんだろうけども

  • 第53話へのコメント

    オズワルド株が上がった(笑)

    まぁ、この世界が医療レベルの高い偽中世てない限り48は老婆ですよね。
    加えて言えば闘病で窶れて疲れ果てた今際の際ならもっと老け込んで見えたでしょうし。

  • イザーク・リンドベルは少女を抱きしめたいへのコメント

    変態通り越して変質者。
    だから仕方ないね。年端も行かない少女の警戒も恐怖にも頭が回らず、自分の欲望のまま好き勝手するのは、そういう人だから。

  • 第47話へのコメント

    普通の子供、親戚の子に対する態度なら何ら問題ないだろうけど。
    追っ手警戒してる孤立無援の子供にする対応じゃないよな。
    成女で、逃げて、いるんだから、サッサと身の証立てないと可愛そうだろうに。
    様子見や警戒した結果だとしても、相手への圧も考えつかないくらい、好奇心と悪戯心優先なのかな。

  • 第290話へのコメント

    狩りタイプじゃないポポさんは
    無かった事に!?(笑)

  • 第286話へのコメント

    あれ?
    精霊王様って枢機卿クラスでも光すら見えなくて
    魔道具あってようやくミニチュア版が光の玉に見えるくらいでは??
    見せるかどうか精霊王次第なのかと思ってた。

    獣人は感能力みたいのが高いんだろうか?
    洞察力は皆無だけどwww

  • 第158話へのコメント

    楽しく 拝読してます。

    メイドさん…メアリーさんになってます(´ω`)

    作者からの返信

    ご指摘ありがとうございます。
    修正しました!

    2022年5月12日 17:50

  • 第252話へのコメント

    まぁ風と水の精霊王が居て
    嵐に襲われることは無いんだろうなぁ(笑)

  • 第215話へのコメント

    皇太子、終了のお知らせ(*´ω`*)

  • 第210話へのコメント

    ん?帝国なら「皇族」では??

  • 第185話へのコメント

    よーやっと教会来た!
    夢ではメンタルサポートメインだったし
    これでようやく……?

  • 第172話へのコメント

    他にも伝えなきゃな事忘れてるポンコツ女神(?)ステキwww

  • 第207話へのコメント

    公爵は消されただろうなぁ。聖女がいる近くは浄化されて下級のモンスターはでないはずなのに、ゴブリンが出た。
    土地が離れてるから効果外の可能性もあるが、同じ国の中なら効果がある感じだった気がするし…。

  • 第31話へのコメント

    敵用マーカー付ける前に
    鑑定してあげてーwww

  • 第30話へのコメント

    あれ?
    街に入った頃には日が落ちていたのでは……??

  • 薬師の老婆は口惜しさに歯噛みするへのコメント

    クソっ!
    薬屋にすら転移マーキングしてかないのかと思ったら
    素晴らしくロクでなしだったwww
    まぁ世界的にしゃーないやろが(´・ω・`)

  • お知らせ(しばらくしたら削除します)へのコメント

    嬉しいですが、ハル君の方も気になります。

  • お知らせ(しばらくしたら削除します)へのコメント

    待ってましたପ( ໊๑˃̶͈⌔˂̶͈)*ೃ♡

  • エピローグへのコメント

    お疲れ様でしたm(_ _)m
    とても楽しく読ませて貰いました!
    魔物図鑑を受取に行くお話や暗いエルフの話、精霊王様たちのお話、イザーク兄様とのそれからとかまだまだ読みたいので、待ってまーす

  • 第225話へのコメント

    流石に精霊の贔屓が過ぎるのでは?

    主人公に対してのシデカシについての事であれば皇太子や帝族、或いは帝城や精々帝都くらいの範囲で済ませればいいはず。

    神に対してダメ出ししてた割に大差ないどころかフットワークが軽い分害悪が大きいだけのゴミでは?

    或いは異世界の神やその眷属としての振る舞いとすればその短絡的で身勝手な行為も相応しいかもしれないけれど、現代日本のメンタリティを持つ主人公がそれに異を唱えないのもね?

    だって、最初は国同士の戦争すら止めたのに、今度は超常的な力で無差別に人どころか動植物含めた環境すら破壊されるわけで......


    ぶっちゃけ、視点変えたら只の魔王か何かですよ?

  • 第6話へのコメント

    >皺皺の老女

    47歳設定でしたっけ?
    今どきの47歳の女性は、一般的にそのような見た目の方はいらっしゃらないですが……
    その10歳年長の57歳くらいの方でも、自分の周囲にいる方々は結構若々しい人が多いですよ。
    77歳くらいで漸くその表現が当てはまるかな。

  • 薬師の老婆は口惜しさに歯噛みするへのコメント

    クソババアだったのか!

    そりゃクソガキも逃げ出すわ!

  • 第105話へのコメント

    俳句で花と言えば桜
    そして桜は長年(季語でも源氏物語でも)「山桜」なので葉と花が同時でも全然OKですよ

  • イニエスタ・マートルは己の愚かさに後悔…へのコメント

    >無意味な召喚の儀など、ただの誘拐と同じであるぞ!

    って意味の有る召喚の義で呼び出しても【誘拐】です
    何かが起きてそれを解決させるためという大義名分があっても呼び出された側は誘拐された被害者です
    何で元の世界に戻れない状況の誘拐されたのに誘拐犯のお願いしている風の上からの命令に従わなければいけないのでしょう?
    自分達の国または世界で起きたことは自分達で解決しろ、できなければ諦めて滅んでしまえ

  • 第127話へのコメント

    国に入ったら出身国がコロコロ変わる世界なのかって思うw
    ほんと自分達の都合と思惑しか考えない下衆な国だし下衆な国民

  • 娘たちは自らの愚かさに気付かない(2)へのコメント

    >真っ黒な肌に、泣きすぎて真っ赤になった目

    人型だし言葉を発するから「魔族」に種族チェンジしたんだね
    他人を呪うことで起きるデメリットも知らないで逆恨みで呪い殺そうとした報い
    自業自得で因果応報で救いようのない生き物

  • イザーク・リンドベルは謎の少女を追う(…へのコメント

    辺境伯令嬢にされるの?神様ってアホ?今度は辺境伯家の都合を押し付けられそう。

  • 第1話へのコメント

    聖女を呼び出しなのに、女性高位者か女官がいない。聖女召喚あるあるだけど。

  • 好奇心は猫をも殺す(1)へのコメント

    護衛対象について説明しなかった商会が悪いだけじゃん

  • 第66話へのコメント

    >攻撃魔法あっても、使ったことないし。
    完結した後に言うことじゃないかもしれませんが
    盗賊に襲われたときにストーンバレットを使ってた気がします
    速攻でスリープに切り替えてましたけど

    作者からの返信

    ご指摘ありがとうございます。
    当時パニックになってたので、スリープの印象が強かったと思われます(笑)。
    ……ということにしてください ^^;;;

    2022年1月17日 11:49