おばちゃん(?)聖女、我が道を行く ~聖女として召喚されたけど、お城にはとどまりません~

作者 実川えむ

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第328話へのコメント

    またストーカーが増えるのでしょうか?

  • 第328話へのコメント

    エルフの執事のこれからの行動が気になりますね~😆厄介事の予感が~😣

  • イザーク・リンドベルは聖女を想い、行動…へのコメント

    もう新しいお嬢様に乗り換えかよ。処刑されたルーシェ嬢が哀れです。

  • 第326話へのコメント

    お待ちしておりました。
    新番組や、シーズンが変わっての初回は楽しみでなりません。

  • 驕った子爵令嬢の悲哀へのコメント

    15の少女には罪が重すぎる。彼女の思いに神の慈悲を❗

  • 初恋を失った王子の嘆きへのコメント

    直接の責任といえないことで、自分の大切な者を2人も奪われた王子が哀れとしか言えない。

  • 第326話へのコメント

    再開、お待ちしてました!8月に入ってからかな、と思っていたので、早く始まって嬉しいです。そしてイザーク兄様、幸せそうで何より(笑)

  • 第326話へのコメント

    再開ひゃっほう♪

    そして『むしろ危なそう。いろんな意味で、私よりも、兄様が』にいきなり吹きましたwww

  • 第326話へのコメント

    更新待ってました。しばらく更新続くようで、嬉しいです。

  • 第326話へのコメント

    再開ありがとうございます😆楽しみに待っていますね~頑張って下さいね~今日も大変暑さ厳しい状況です熱中症対策して頑張って下さいね~😆

  • 第326話へのコメント

    再開に期待しています

  • 第326話へのコメント

    再開されるのですねり楽しみにしています。

  • 第326話へのコメント

    お帰りなさいませ。
    お待ちしておりました。
    増々のワクワクイチャイチャ展開を期待しています。

  • 第301話へのコメント

     獣人の身体能力は、種族によっては人族の何倍かになるらしい。護衛として雇うなら、それなりの金額になりそうなのは、私でも想像がつく。けして安いとは思えない。むしろ、フロイライン夫人は頑張ってお金を出してるってことなのではないか。きっと、あのオークだって、安くはない。


    フロイライン夫人
      修正した後の更新忘れかな??

    作者からの返信

    ご指摘ありがとうございます。
    修正しました >_<;;;;

    2021年7月25日 21:11

  • 第278話へのコメント

     双子が気の毒そうに声をかけるが、完全に無視。周囲を歩きながら、呼び続けること、ニ十分程。ついには、『蟲集め』の落ちていたあたり、クィーン・マンティスの身体の裏側に行ってしまったヘリウス。姿は見えないけれど、彼の呼び声だけは聞こえてくる。そして。


    ニ十分程
      漢数字の二がカタカナの…




    芦ノ湖の海賊船の件
      なるほど観光モノですか納得了解ですw

    作者からの返信

    ご指摘ありがとうございます。
    修正しました。

    2021年7月25日 21:14

  • 第253話へのコメント

    「……芦ノ湖に浮かんでる海賊船みたい」


    どうでも良い気もしますが…
     海賊というよりは水賊(河川兇賊 湖賊)な気が…

    作者からの返信

    ご指摘ありがとうございます。
    芦ノ湖には、観光遊覧船で海賊船があるんです^^;;;
    それを思い出しているシーンなので、そのままにさせていただきますね^^;;;

    2021年7月25日 18:50

  • 人を呪わば ーハロイ教教祖の場合ーへのコメント

    物語を読む場合、もしも自分ならどんな展開にするかを考えながら読むことがあります。もっともそのためには何度も読み返して、その世界がどうなっているかを知らないといけませんよね。

    いろいろと先を想像するのは楽しいものです。
    ということで、次の舞台を楽しみにしています。

  • 第301話へのコメント

    異世界だからどんな名前があってもいいと思うが…
    フロイライン夫人はひどいと思う

    作者からの返信

    ご指摘ありがとうございます。
    夫人の名前、修正しました。

    2021年7月17日 00:25

  • 第235話へのコメント

    『まぁ、生きてはいるわね。生霊っていうの? ほんと、女の執念ってすごいわねぇ……でも、見た目は……見られたもんじゃないけど』

     呪い返しが、彼女にどんな影響を与えたのか、想像もしなくない。



    想像もしなくない 何かちょっと伝わらないような…(。´・ω・)?
      想像に難(かた)くない 想像もできなくもない 想像しなくもない とか??
      それとも… 想像したくもない??

    作者からの返信

    ご指摘ありがとうございます。
    修正しました^^;;;

    2021年7月16日 10:05

  • 第189話へのコメント

    「さぁ、聖女様、どうか、この石に触れてみてくださいませ。認められれば、この石は赤く光り、認められなければ触れることすら叶いません」
    「……いいんですか?」
    「どうぞ」

     笑顔のノートンさんに差し出されるそれに、私はドキドキしながら右手を伸ばし、そっと指先が触れた瞬間、急に魔石が真っ白な光を放ち、視界が見えなくなった。


    赤く光る 筈なのに 真っ白な光を放つのは何故なんでしょう(。´・ω・)?

    作者からの返信

    本来は、ほの赤く光る予想だったんですが、気に入られすぎて、ヒャッハー!って感じに白くなってしまいました(笑)
    わかりづらいので、少し文章を修正してみました^^;;;

    2021年7月14日 10:44

  • 第173話へのコメント

    後半イザーク年齢の
    数字の二がカタカタのニになってます

    作者からの返信

    ご指摘ありがとうございます。
    修正しました^^

    2021年7月14日 10:32

  • 第134話へのコメント

    「ええとですね。残念なお知らせです……複数の悪意感知を屋敷内で見つけました」
    「なんだと」


    悪意感知は屋敷などに沢山転がっているくらいに
    手に入り易い身近なスキルなのでしょうか?
    屋敷内で複数の悪意を感知しました
    ではないでしょうか??

    作者からの返信

    ご指摘ありがとうございます。
    修正しました^^

    2021年7月14日 10:31

  • 第六章までの主な登場人物へのコメント

    初めまして

    年齢部分が主ですが…
    漢字の二と、カタカナのニが結構混在してるみたいですが…?

    作者からの返信

    ご指摘ありがとうございます。
    修正しました^^

    2021年7月13日 08:45

  • 第132話へのコメント

    リストバンドもしくはブレスレットをリストと略すのは一般的なのだろうか?

    はては一覧という意味でのリストって単語も出てきたし

    自分ジジイだからかもしれんけどものすごく気持ち悪い

  • 人を呪わば ーハロイ教教祖の場合ーへのコメント

    面白くて一気に読んでしまいました!楽しかったです~😆続き楽しみに待っています~頑張って下さいね~😆

  • 人を呪わば ーハロイ教教祖の場合ーへのコメント

    楽しみに待ってます。

  • 薬師の老婆は口惜しさに歯噛みするへのコメント

    行き場のない可哀想な孤児だと思って引き取って居場所を与えてくれる優しいおばあさんだと思ってたら、金蔓を逃してしまった悔しさにテーブルを叩くような業突く張りババアだったとは。
    旅立って正解だった事を教える面白い話しでした^ ^

  • 人を呪わば ーハロイ教教祖の場合ーへのコメント

    続きを楽しみに待ってます

  • 人を呪わば ーウルトガのメイド達の場合…へのコメント

    第三夫人はショッキングな出来事が、突然目の前に展開してお気の毒。
    いや、呪われてたらこんなものじゃ済まなかった訳だけれども。
    トラウマ確実、誰かアフターフォローお願いします。m(_ _)m

  • 人を呪わば ーウルトガのメイド達の場合…へのコメント

    いやー、これは呪い返しが効果覿面だったようで…
    穴は…二つではとても足りませんでしたね。

  • 第132話へのコメント

    二人目のライラさん登場、できれば違う名前が良いかと。

  • 第119話へのコメント

    国王様が「魔道師長」と呼んでますが、読んでいくと呼び方が「魔術師長」になってます。間違いなのか、二人いるのか。
    あと「魔道師長」なら「魔導師長」では?

  • 人を呪わば ーウルトガのメイド達の場合…へのコメント

    主人もあさけりゃ、従者もあさいってか?
    ƪ(˘⌣˘)ʃ

    でも、第三夫人の子のハーフエルフ、結構見映えで得してると思う…分かっててやってるハラグロさんか?( ̄^ ̄)

  • 人を呪わば ーコークシス第三夫人の場合…へのコメント

    どこぞの王女さまだったろうに、あっさいひとですなぁ(๑•ૅㅁ•๑)

    頭痛が痛い案件でしょうか…
    >>> 相手が呪い殺せることができるなら、
    ○ 相手を呪い殺せるなら、
    ○ 相手を呪い殺すことができるなら、

    作者からの返信

    ご指摘ありがとうございます。
    修正しました^^

    ちなみに、末っ子だけに、かなり甘めな教育しか受けておりません。残念姫です。

    2021年6月11日 10:54

  • 人を呪わば ーコークシス第三夫人の場合…へのコメント

    爆発したのって筒に入った茶葉?
    中から一気に広がった感じかな?
    それとも広がる時に火が着いて本当に爆発したかな?

  • 人を呪わば ーコークシス第三夫人の場合…へのコメント

    人を呪わば穴二つ…

  • 第230話へのコメント

     封建国家などの権威主義国家だと、スパイなどの容疑がかけられたら、即拷問だったりするんですが(現代でも一部国家では公に、某元米国諜報員の暴露が真実なら米国などでも裏で「24」みたいなことが行われてるよう)、この領地はずいぶんと民主的に感じますね

     身元不詳の人間が徒党を組んでたら、即スパイ。
     外国籍でも徒党を組んでたら、即スパイ。
     自国籍でも別の地に住む人間で要人の周囲を探る怪しい行動を説明できないならスパイ容疑で拷問。

     くらいのことをやるのは、冷戦時代まではあたりまえにあって「大日本帝國」でも特高警察がやっていました。

     その後、敗戦でスパイ天国となった冷戦下の日本でも、国内のCIAや公安警察が暴力団を利用していろいろやってるという「週刊誌レベルの噂」でありましたしねぇ。

     まあ、この領が「似非平和主義の日本っぽい法治主義」なのは、急に物語が暴力的な方向にいったので、バランスをとってるのかな?

     「神というのは究極の権威主義の象徴」なので、その力を振るっていきなり断罪したりする「権力に溺れた人間のような行動」をせずに背景を調べるのは好いですね。

  • 第325話へのコメント

    楽しく拝読させて頂いています。
    イザーク兄様……頑張ってほしい!

  • 第325話へのコメント

    新たな船出にワクワクします(^o^)

  • 第141話へのコメント

    マルゴさんは公爵家令嬢且つ、ホステスの1人であるのに、パメラさんというか、主人公と辺境伯婦人が余りにも失礼です。
    パメラさんの紹介か挨拶位はして欲しかったです。

    日本でだって招かれて行ったパーティーで、いくらアウェイな空気があったとしても。
    連れて行った妹を紹介もせず、かと言って妹もホステスから話かけられてるのに挨拶せずに微笑むだけで、挙句手土産だけ押し付けて帰るなんて。
    マルゴさんにも喧嘩売ってるなら正解の態度だと思います。

  • 第58話へのコメント

    イザークがロリコンかもしれない件

  • 薬師の老婆は口惜しさに歯噛みするへのコメント

    因業ババアだった!

  • 第236話へのコメント

    呪い返し喰らって全身火傷の醜い姿になれば怨念も強くなるよな

  • 第225話へのコメント

    何万人死ぬんだろうな

  • 第208話へのコメント

    このおばさんが何か行動すると必ず人が死ぬな

  • 驕った子爵令嬢の悲哀へのコメント

    気の迷い、悪魔の囁き、あるある。
    そこから救い出してこその聖女だと思うんだけど、ただのおばはんじゃなぁ。

  • 第194話へのコメント

    何とか書けるように~
    最初の頃から書けなかった?日本語を勝手にこの世界の文字に変換してなかったかな?「ありがとう」

  • 第167話へのコメント

    前ページで名前聞いたとき、~伯爵が娘と名乗ったからかな?
    身分明かすからにはそうするんじゃないのかな?
    「お父様の名前~」何故そうなるんだろ?
    騙されてるだけかも知れないし、本質的には良い子かも知れないのに。
    おばさんの勘?

  • アルム様はご機嫌斜めへのコメント

    ?手紙も出せたし伯爵夫人の夢に干渉したり鏡まであげてたのに?

  • 第141話へのコメント

    絵に描いたような悪役設定。いたなぁ仕切り好きで気に入らない人はとことん苛めるパートオバハン。

  • 第137話へのコメント

    悪意感知の基準が分からない、、、、害意以前の嫉妬心やら怒りやら持っただけで反応?ならそこらじゅう真っ赤になるよな。
    むしろ人間の自然な反応なんじゃないのかな?それすら許さないのかな?

  • 第131話へのコメント

    すぐイラッとするのはおばちゃんあるあるですね。

  • メイドは怒りで涙を零す(2)へのコメント

    うーん、サイコ?

  • 第124話へのコメント

    あっちの世界=地球だと不倫やら浮気当たり前、妊娠したら逃げて女性は泣く泣く中絶、なんて話も聞くし公爵さんのやってることにあまり腹は立たない。
    前妻さん殺して、とかなら理解できるけど。
    平民と貴族の婚姻なんてなんのメリットないのに、この世界ではそうでもないのかな?
    政略的に他の貴族の娘から娶って派閥強化ってのはない世界?

  • 第53話へのコメント

    リアル地球出すのはナンセンスかもしれないけど、今から70年ほど前の世界の平均寿命考えたら47歳って十分ばあちゃんなんだよなぁ
    ここの世界観知らんけど

  • 第324話へのコメント

    しめやかに爆発四散!()
    いや、呪い返しってもっとおどろおどろしくSAN値がピンチになる系統だと思ってたのに爆発は予想外www
    呪いが濃すぎてエネルギー飽和しちゃったかな?

  • 第321話へのコメント

    ここまで質の悪い呪詛なら、建物と言わず都市全体(王都だとしても)反された呪詛で犯されるべきかな?

  • 第320話へのコメント

    精霊王様達全員、浄化の邪魔だからって国王陛下の扱いが雑で草www
    まあ脳筋種族だから頑丈だろうし大丈夫だね!()

  • 第320話へのコメント

    ↓ 響楽さんのツッコミコメに、吹いたw

  • 第320話へのコメント

    呪いの黒き蔦は見えず浄化の炎は見えたから余計に錯乱したんだろうな…。

    四大精霊王全員顕現ただし精霊を祀る教会側は一切気付かず(笑)

  • 第320話へのコメント

    精霊王の、まさかの

    超 物 理www

  • 第319話へのコメント

    あちこちで頼まれて無賞でホイホイ聖女の力を行使すると、各国の王族から婚姻申し込みや貴族からの攫って既成事実を作ろうという輩が出かねないですね。
    聖女の力を行使する場合は「行使後の婚姻申し込み不可、取り込み運動不可、つきまとい不可」などの条件を取り結んでからなど、ウザ絡み対策が必要ですね。

  • 第318話へのコメント

    おやおやイザーク兄様…(;´・ω・)
    聖女様が躊躇するような何かがあるのに「どうした?」と問いもせず背中を押すとか…ちょっとうかつじゃないかい?

  • 第318話へのコメント

    呪詛返しって本来倍返しじゃすまないから呪詛を仕掛けた集団全体に同じ効果がもたらされてもおかしくないですよね。

    四大精霊王全員と一緒にレッツ呪詛返し(笑)

  • 薬師の老婆は口惜しさに歯噛みするへのコメント

    まさかのごうつくババアだった。( ;∀;)

  • 第318話へのコメント

    うわぁ…
    これはこれは、呪い返しが大変凄まじい事になりそうですね(ニッコリ

  • 第316話へのコメント

    アルム様…使えねえ〜

  • 第25話へのコメント

    時々来る馬車のために買出しなんかの物流コスト入れたらびっくりお値段なのは仕方ないよね
    業突く婆でなきゃ田舎の宿は立ち行かないんだ

  • 第315話へのコメント

    神に正座させる聖女ww

  • 第314話へのコメント

    神様も残念ですなぁ。
    それと前回の司祭様、陰陽師と言うとどうしても安倍晴明を思い浮かべてしまって、狐の獣人ならありかなとも思いますが、男性だったですよね、司祭様は?

    作者からの返信

    司祭様は男性です~。

    2021年5月20日 13:25

  • 第197話へのコメント

    魑魅魍魎の社交界を生き抜くなら、策謀できる子爵嬢くらいがマシかちら、ただしガッチリ教育し直して。

  • イザーク・リンドベルは少女を抱きしめたいへのコメント

    お巡りさんコイツです

  • 薬師の老婆は口惜しさに歯噛みするへのコメント

    後腐れなさ過ぎて吹いた

  • 第68話へのコメント

    泪様のコメントと作者様の返信に笑ってしまいました(笑)


    楽しく読ませて頂いてます!
    続きに戻ります。

  • 第309話へのコメント

    なにかお家騒動に発展しそうですねぇ。
    イザーク兄さま、桃太郎侍の立ち位置でしょうか。
    そしてミーシャはお銀の役割か。
    あれ?
    話がこんがらがっちゃった。

  • 第53話へのコメント

    オズワルドさんの方が好きになるわw

  • イザーク・リンドベルは少女を抱きしめたいへのコメント

    え、脈絡も無くいきなり???
    気持ち悪いなこの人…

  • 第307話へのコメント

    もうここまで来たらド直球勝負だ!
    幼女趣味なの?
    ロリコンなの?
    変態なの?
    スリーストライクでアウトー

  • 第307話へのコメント

    更新お疲れ様ですw
    直にぶっ込んできたっっっw

  • 第306話へのコメント

    単行本の発売おめでとうございます。
    今日早速購入しました。
    続刊を楽しみにしてます!

    作者からの返信

    ありがとうございます!
    楽しく読んで頂ければ幸いです!
    が、頑張ります^^;;;

    2021年5月8日 22:01

  • 自称『聖女』の思惑通りにならない現実へのコメント

    楔になるように、と謂れていた。<
    言われていた

    作者からの返信

    ご指摘ありがとうございます。
    修正しました^^

    2021年5月8日 18:44

  • 第306話へのコメント

    イザーク兄さん、まともなんでしょうか?

  • 第305話へのコメント

    キモくなっていくイザーク兄様に草

  • 第146話へのコメント

    場合によっては聖女の方が王様より立場が上というような描写があったようなのに王様の提案を断ったら無礼な奴だと思っている家臣がいるんだね。
    聖女としての能力も一度示したから聖女であることを疑ってるということもないだろうしな。
    そんなことじゃ宮廷で生きていけそうにないね。あっ、そういう・・・

  • 第305話へのコメント

    ワクワク((o(^∇^)o))

  • 第119話へのコメント

    誤字報告です
    血の気のひいた真っ白な顔をブルブルと横に降る。<振る

    作者からの返信

    ご指摘ありがとうございます。
    修正しました^^

    2021年5月7日 09:52

  • 第305話へのコメント

    嫁入りしても付いてくる?(笑)

  • 第305話へのコメント

    なんか面倒なフラグが立ちまくりですねぇ
    イザーク兄様はもっと冷静だったはずだが・・

    この後の展開が楽しみです。

  • 第304話へのコメント

    イザークってロリコン? それともオバアコン? ダッタッケ?

  • 第99話へのコメント

    中学のころ女の軽めのいじめにあったけど、あいつらほんとに粘着質でうっとおしいからなぁ
    つまり女の行動って男からしたら時々理不尽なんよな

  • 第300話へのコメント

    300話おめでとうございまぁすO(≧∇≦)O
    ミーシャの活躍これからも楽しみにしてます(*^▽^*)

  • 文官は手紙を書いて、墓穴を掘るへのコメント

    一発アウトかぁ。内容的にはまだ安全範囲内だからこんこんと諭してダブルスパイにした方が有益だったかもしれなかったり?
    まあ、やめさせて後腐れなく遠ざけたほうが気楽かもしれないしこっちの対応もいいんですけどもね。

    気になった点をひとつ。
    宰相中心の法服貴族たちと軍務大臣中心の軍閥貴族<法衣貴族の方が表現が一般的かも?

    作者からの返信

    ご指摘ありがとうございます。
    修正しました^^

    2021年5月4日 10:23

  • 第94話へのコメント

    ヘリオルドさんは中性的とはいえ男性なので美人という表現よりは美形もしくは美男子、美丈夫(ちょとゴツいイメージがつくからこっちは違うかも?)の方がしっくりくるかも、ですね?

  • 第82話へのコメント

    始まる前から終わってたw
    ポルナレフ「何をいっているか(ry」

  • 第70話へのコメント

    「お、言お待たせしましたっ。リ、リンドベル様ですかっ!」

    「ああ」

    <楽しく拝見している者ですが、恐らくこの「言」って余分なんじゃないかなと

    作者からの返信

    ご指摘ありがとうございます。
    修正しました^^

    2021年5月4日 10:21

  • イザーク・リンドベルは謎の少女を追う(…へのコメント

    魔法の通信や転移による移動とか思ったより魔法文明進んでる感じですね

  • 第301話へのコメント

    読み初めからここまで、二日で一気読みしてしまいました。
    めっちゃ楽しいです。有り難うございます。
    今後の展開、更新を楽しみにしております。

  • 第23話へのコメント

    日本人のくせで乗り物に乗ったら目をつぶる。あると思います。
    しかし異世界でそれは隙が大きすぎるような気がします。大丈夫かな?

  • 第121話へのコメント

    >ねぇ、この子、本当に公爵令嬢?

    正直、主人公も47歳とは思えない行動・言動が多いような……(汗)

  • 第300話へのコメント

    300話おめでとうございます!
    毎度楽しく読ませていただいてます
    今後も無理ない範囲で頑張ってください!