アステリアの白雷

作者 東 京介

217

77人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!


 本作はなんと言っても魅力的な登場人物とそれぞれの能力を使った戦闘シーンが面白い!いかに能力で戦うか、そして相手の裏をかくか、読んでいて引き込まれます。

 そして戦闘シーンの描写が圧倒的。

 あまり書くとネタバレになってしまいそうですが、オススメシーンでは暗い灰色の空が読み手に向かって襲い来る錯覚を覚えるほどですよ!

 それからぜひマリーちゃんに注目して下さい。かわいい、強い、大食……おっと、やっぱりこれ以上は読んでいただきたい!

 主軸は主人公の学園生活での出会いや、生い立ちにまつわる復讐心、そして生き別れの妹の謎——雷の能力を武器に、彼は両親の仇に迫っていきます。

 それを支える友人達と先輩や先生。

 対するは異形の者——。

 シリアスな中に、時折くすりと笑える話もあり、とても楽しめます。第一部まで完結しており、更に面白い番外編付き。そしていよいよ第二部がスタートしました。ぜひご一読ください!


 内緒ですが私はマリーとシャウラ推しです。

★★★ Excellent!!!

2章のプロローグ(これを書いている時点での最新話)まで読み終わってのレビューです!

とってもバランスの良いファンタジー小説です。
バトル、友情、子弟関係、特殊能力、恋愛などファンタジー小説に期待するものが沢山入っているのに、全部が丁度良いバランスに組まれていて、大変読み応えがありました。

主人公にしっかりした目的があるので、読みながらしっかりとストーリーが進んでいくのを感じられます。
最新話まで中だるみなくサクサク読めました。

最後になりましたが、敵が魅力的なのもこの小説の魅力だと思います!
因みに私が一番好きなキャラはシリウスです☆

★★★ Excellent!!!

一気読み必至!



硬派な文体で丁寧に書き綴られる人間関係。しかし決して口説くありません。
どんどん複雑化する相関図とヒューズの葛藤が精緻に書かれていて思わず心揺さぶられます。
また味方だけでなく敵営にも鼓舞したくなるような圧巻の構成、そして心に響くストーリー。視点の違いを意識すると一気に物語の深みを感じられます。

そしてこの作品の見所はやはりバトル!
今作には熱くないバトルが存在しません。繰り広げられる戦いという戦い全てに妥協がありません。
著者のこだわりと技と情熱が感じられます。まさにバトルもの好きの天国!

熱中できる物語をお探しなら是非ご一読!

★★★ Excellent!!!

『口を閉じたマリーの足元に、ぬるりとした人肌の感覚が訪れた。妙に研ぎ澄まされた感覚だった。柔らかくもない、節榑立ふしくれだった男の手だ。』(38章目覚めの咆哮より引用)

作中のただの一文に研ぎ澄まされた言葉の1つ1つが日常感覚を奪ってゆく。
やがて緻密なこの世界観に飲み込まれている自分に狼狽した。 
考えるな!ただこの世界に身を任せればいい。

★★★ Excellent!!!

まずおすすめなのが熱いバトルですね!
戦闘描写のテンポがすごくいい! キャラの異能をうまく活かした戦闘でワクワクします!

そして、当然ながらメインストーリーが熱い!
魔族への復讐という入りから、果たしてそれが……えっ? 敵? 味方?
ヒューズだけでなく、彼の周りのキャラたちにも様々な背景があって一筋縄ではいきません。
進むごとに次が読みたくなる作品です!

番外編も彼らの違った一面が見れてGood!(≧∇≦)b

★★★ Excellent!!!

雷の異能を持つ少年・ヒューズは、ある日、アステリアという学園へ通うことになります。そこで出会うのは、個性豊かなクラスメイトや先輩、先生たち。
自分の力を高め、魔族と戦う、そして、大切な存在を守る。

ある時、そんな厳しくも穏やかな日々が終わりを告げる。

わたしの好きなキャラは、フレッドです。
最初はただ粗暴でヒューズとぶつかってばかりなのですが、一番の成長を見せるのが彼なのです。

他のキャラも、個性が際立っていて、きっと好きになりますよ。

白雷が、轟炎が、鋭氷が、陽光が……
明日を手に入れるひかりとなる。

★★★ Excellent!!!

ネタバレになってしまうので細かい内容に関しては控えさせていただきます

タイトルにもありますが、この作品の魅力は臨場感のあるカッコイイ戦闘シーンです。文字なので、読者の前で行われているものではありません…そのはずなのに、まるで目の前でその戦いが繰り広げられているような錯覚を覚えるくらいです

ではそれ以外は?となるでしょう。もちろんそれ以外もとても丁寧に描かれていて、日常、修行、戦闘と、どの場面でも読み応えたっぷりです!

是非皆様に読んでいただきたいです!

★★★ Excellent!!!

 魔族と人が戦う世界において、魔族に抗するために異能を持つ者を育成する学園アステリア、その特異な学園の中でも戦闘部隊として選抜される対魔族能力科に所属するヒューズ、フレッド、マリー、レインたちを中心にこの物語は紡がれていく。

 この作品の魅力はまずは主人公たちの戦闘描写が挙げられる。序盤では入学したばかりのヒューズの視点によって、フレッドの魅力でもある粗削りな戦い方、マリーの直接戦闘は不得手だが大地を荒野に変える程の光の異能、レインの攻防に優れた氷の異能、そしてヒューズ自身の雷の異能を我々読者は目の当たりにすることができる。それぞれの能力と性格がはっきりと分かれており、個性に応じた戦闘の展開は十分な説得性を以って楽しませてくれるだろう。

 次の魅力は彼らの戦いを彩る教師のジンと敵役のアルフェルグだ。ジンは学園の教師として、少年たちを導き育成するのだが、謹厳実直な教師ではなく、ユーモラスで余裕のある性格をしている。その彼が戦いとなると魔族を圧し、頼もしい背中を少年たちに見せてくれるのだからたまらない。こういう大人がかっこいい小説は大賛成である。少年たちが成長し、未来を実力で勝ち取っていくのに、大人が情けないのでは読み手の大人がしぼんでしまう。この小説ではその心配はない。若い読者は主人公たちに共感し、大人はジンに自分が在りたい大人としての理想を託して読み進めることができる。
 敵役のアルフェルグについても同様で、人族と比べて、魔族の衰退や立場に不満を持ち、劣勢な自分達を何とか挽回しようとする彼に、青年期の社会に対する不満と意気込み、挑戦などが重なり、つい応援をしてしまうのだ。未来のために後進を育てるジンと、ひっくり返せない秩序を築いた大人達に反抗するアルフェルグの視点で見るとこの物語はより深みを増すと思う。私達は主人公の少年たちの視点で大人と青年の戦いを体験することになる… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

最後まで読よました!!
いや~熱い展開に、友情や努力。面白かったです。

その中でもやはり見逃せないのが戦闘シーン。流れるような描写、激しい描写、刹那の描写。どれをとっても溜まりませんでした!

次にやはし個性的なキャラクター達でしょうか。個性豊かなキャラクターは一人一人感情移入しやすく、とても面白かったです。

最後にやはりこの作品は正統派な王道を貫いています。
王道な展開が読みたい方は絶対にハマる事間違いなしです!!

素晴らしい作品をありがとうございました!!

★★★ Excellent!!!

熱い王道を感じる作品って、いいですよね!!

異能学園アステリアでも、数少ない能力を持つ者だけが所属する事を許される対魔族能力科に入学した、雷異能を持つヒューズ。
彼は両親を魔族に殺された経緯を持ち、その仇を討ちたいと決意していた。
そんな中。同じ学科でそれぞれ一癖も二癖もある、同じ異能の力を持つ同級生、フレッド、レイン、マリーと知り合い、教師のジンや、先輩のロシェに鍛えられつつ、人間を滅さんとする魔族との戦いに挑んでいく、という物語。

勿論注目はバトルシーン!
各生徒の持つ異能の力は、ある者堅実で。ある者は派手で、と色々あるわけですが。
戦いの中で負けたくない強い思いで己の技を進化させるヒューズ君もそうですが。
誰かに憧れ、誰かを助けたいと戦う彼らの決意が魅せる、命懸けのバトルは熱いもの。

そして魔族側も、人を滅ぼさんとする相手もいれば、人に情を向ける物もいる。
そんな彼らがどのように交錯し、戦うのかも見所となっています。

ヒューズの両親の仇の謎や、嫌いあう仲間との共闘、個人の因縁めいた戦いの結末など、様々な謎や熱い展開もある本作。
文章もライト過ぎず、だけども重厚過ぎず読みやすさもあって、一気読みもしやすいです。

バトル系を読みたいあなたに是非オススメですよ!!

★★★ Excellent!!!


至る所に散りばめられた、まるで映画でも見ているかのような迫力のある戦闘描写。

見ていて心の躍るような登場人物たちのやりとり。

そしてなによりも、敵や味方の構造にここまで気を遣った作品はあまり見たことが無いような気がします。

上にあげた素晴らしすぎな要素が丁寧且つ硬い筆致で綴られており、途中からは知らないうちに手が動いて次の話を読んでおりました。

電車で思わず目的の駅を乗り過ごしてしまうほどに面白かったのです。


縁がなければ私は多分この作品を読まなかったと思うので、運命に感謝しつつ皆様が是非ご一読なさることを祈っております!

★★★ Excellent!!!

 異能を持つ主人公たちが、人間社会を滅ぼそうとする魔族と戦う…という話ですが、ただ単に魔族を倒すわけではないです。物語の背景として、主人公のヒューズは魔族を恨んでいます。しかし、彼の妹と人狼シリウスとの関係を先頭に、複雑化する敵対関係が彼を苦しめていくのです。両親の仇の魔族を追っていたら、実は…という具合に。仲間が敵になる、というのは割と王道展開かもしれません。ですが、キャラクターの関係が多層構造的に張られているため、先の読めない展開となっていて、とても読み応えがありました。

★★★ Excellent!!!

異能バトル物の物語!
文章や戦闘シーン描写がめちゃくちゃかっこいいです!

特にレインとの戦闘シーンはとても凄くて、脳内でアニメ再生されるレベルで凄く熱いですね。

まだ序章ですが、すでに楽しみな作品になること間違いなしです!
異能にかっこいい戦闘シーン、そして会話も読みやすい、これぞ異能バトル物です!!本当おすすめですので、是非ご覧下さい!!

★★★ Excellent!!!

まずは文章がすごく丁寧で上手いです。軽いノリの文体にするわけでもなく、かといって難しい単語を多用するわけでもなく、あくまで日常にある単語を精密に積み上げている印象を受けました。
ストーリーはまだまだこれからですが、個性豊かな四人がどんな活躍をしていくのかとても楽しみです。