アステリアの白雷

作者 東 京介

圧倒される世界観!考えるな!この世界に巻き込まれる⁉︎

  • ★★★ Excellent!!!

『口を閉じたマリーの足元に、ぬるりとした人肌の感覚が訪れた。妙に研ぎ澄まされた感覚だった。柔らかくもない、節榑立ふしくれだった男の手だ。』(38章目覚めの咆哮より引用)

作中のただの一文に研ぎ澄まされた言葉の1つ1つが日常感覚を奪ってゆく。
やがて緻密なこの世界観に飲み込まれている自分に狼狽した。 
考えるな!ただこの世界に身を任せればいい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

カダフィさんの他のおすすめレビュー 279