アステリアの白雷

作者 東 京介

退魔の力を持つヒューズの、魔族との激しい戦いを描く物語

  • ★★★ Excellent!!!

熱い王道を感じる作品って、いいですよね!!

異能学園アステリアでも、数少ない能力を持つ者だけが所属する事を許される対魔族能力科に入学した、雷異能を持つヒューズ。
彼は両親を魔族に殺された経緯を持ち、その仇を討ちたいと決意していた。
そんな中。同じ学科でそれぞれ一癖も二癖もある、同じ異能の力を持つ同級生、フレッド、レイン、マリーと知り合い、教師のジンや、先輩のロシェに鍛えられつつ、人間を滅さんとする魔族との戦いに挑んでいく、という物語。

勿論注目はバトルシーン!
各生徒の持つ異能の力は、ある者堅実で。ある者は派手で、と色々あるわけですが。
戦いの中で負けたくない強い思いで己の技を進化させるヒューズ君もそうですが。
誰かに憧れ、誰かを助けたいと戦う彼らの決意が魅せる、命懸けのバトルは熱いもの。

そして魔族側も、人を滅ぼさんとする相手もいれば、人に情を向ける物もいる。
そんな彼らがどのように交錯し、戦うのかも見所となっています。

ヒューズの両親の仇の謎や、嫌いあう仲間との共闘、個人の因縁めいた戦いの結末など、様々な謎や熱い展開もある本作。
文章もライト過ぎず、だけども重厚過ぎず読みやすさもあって、一気読みもしやすいです。

バトル系を読みたいあなたに是非オススメですよ!!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

最後まで読よました!!
いや~熱い展開に、友情や努力。面白かったです。

その中でもやはり見逃せないのが戦闘シーン。流れるような描写、激しい描写、刹那の描写。どれをとっても溜まりませんでした!

次… 続きを読む

しょぼん(´・ω・`)さんの他のおすすめレビュー 84