過去に一度も味わったことのない味

他の追随を許さない圧倒的な個性。他の誰とも違う、似ても似つかないそれは、読み手に強烈なインパクトを与える。
そして驚くべきことに、この物語は冒頭で話のあらすじをさらしてしまう。
これは、作者が話の展開や構成を楽しんでもらいたいのではなく、アライ君の個性や彼が作り出す世界観や空気を、語彙豊富で多彩な言い回しの数々を、誰かに味わってほしいのだと自分は勝手に解釈しながら、読み進めていった。
最初は何を言っているのかすらぼんやりとしかわからない、独特なアライ君の方言も、後半になってくると、ちょっとわかってくるのも不思議だ。
そして佳境になるにつれ、あらすじはあらすじでしかなかったことを知る。
本当はそれ以上のものが用意されていて、ラストに納得の結末。
この作品は読み手を選んだり、万人向けとは言えないかもしれないけれど、もし興味を持った方がいらっしゃれば、是非とも読んでほしい。
どの流派とも違う、誰も読んだことのない物語がそこにはあります。

その他のおすすめレビュー

望月俊太郎さんの他のおすすめレビュー142