ふざけているようで風刺が効いてる

みんな世の中を良くしようとして動いて声をあげて、作品と作者が袋叩きに遭って出来上がる奇妙な寓話。
短いお話の中に現代社会の風刺と皮肉を交ぜ込まれた作品となっていて、ニヤニヤしながら読めちゃえます。

その他のおすすめレビュー

望月俊太郎さんの他のおすすめレビュー143