夏期休暇に閉じ籠められたキミを解放するボクの時間旅行

作者 宵澤ひいな

儚く美しい少年たちの夏

  • ★★★ Excellent!!!

儚く危うい雰囲気が美しい作品。

生きるために手頸を切る儀式を行う少年と、それを見守る主人公。退廃的な空気を孕みながらも、ふわふわとした甘美さが魅力的です。

ピアノとナイフ、そして合鍵と、鍵となるアイテムが物語を彩ります。

二人の少年がたどり着いた2020年の夏は…?

ぜひ皆様に読んでいただきたい作品です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

ゴンザレスkuwawaさんの他のおすすめレビュー 191