朽木の春

作者 夏野けい

うつろいゆく美と無常を人工知能が語る詩的掌編

  • ★★★ Excellent!!!

きれいで儚い素敵な物語でした。
咲き誇る桜の中のイメージが目の前に広がり、最後の一文が心にしみます。
短いお話の中に人の哀しみが凝縮されていて、読み終わってため息がもれました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

一田和樹さんの他のおすすめレビュー 309