【3.5万PV突破感謝☆第三部準備中】異世界転生したと言い張る王女の専属書記官は落ちこぼれ?

作者 ばびぶ@『転生王女の書記官』第三部準備中

208

73人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

本作の面白いところは、転生者が主人公ではなく、王女となった転生者の専属書記官であるところ。
王女アリサは元日本人の転生者で、前世の知識が有用なため、その言葉を記すために専属の書記官がそばについている。それが主人公のカイです。
当然、前世が異世界人だったと言えば周りの反応はお察し……。
ですが、周りがアリサを軽んじようと、カイはアリサの言葉を信じ、書き留めます。

ですがですが!
その前世の言葉は『ピンポンダッシュ』のような役に立たないものが多い!

そんなコメディを交えつつ、その根幹には身分違いの両片思いという恋愛ファンタジーがあります。


そして最後に言いたいことは……

『酒は飲んでも飲まれるな』

です。
みなさんも気を付けましょう。

★★★ Excellent!!!

一話目から意外な設定に驚かされます。

「現代のOLが、異世界の王女様に転生!」……と、ここまではよくありそうなお話ですが、この王女様、前世の記憶があると言ってまわった結果、なんと周りから「頭が◯◯◯◯人」扱いされちゃってるんです!

彼女の言葉を信じているのは、主人公で幼馴染のカイ君と女神様だけ。

カイ君はカイ君で、父親が誰か分からないせいで、周囲から蔑まれたりしてきました。

そんなちょっと可哀想な身分違いの二人が、一体どんな物語を紡ぐのか。読んでいてついつい応援したくなるお話です。

★★★ Excellent!!!

 家族との縁が薄くて、叔父一家の養子として育ったカイと、前世の記憶を語って変人扱いされてしまった第七王女のアリサ。
 心の片隅に孤独を抱えた二人は、ある舞踏会の夜、運命の出会いをはたします。
 寂しさを補い合うように仲良く過ごす二人。
 二人はお互いを大切な人と思い定めますが、実は両想いと言うことには気づいていません。

 やがてカイはアリサ専属の書記官として採用されますが、二人の間には身分の差と言う大きな壁が立ちはだかります。

 時に壁の前に立ち止まりながらも、常に一生懸命アリサのために行動するカイはとても強くて優しくて、本当にカッコイイです。
 そしてアリサも、王女と言う身分に甘えることなく健気で謙虚な女の子で、何よりカイのことをとても大切に思っています。

 そんな二人は大きな事件に巻き込まれてしまいますが……
 二人は無事事件を乗り越えられるのか?
 二人はお互いの気持ちに気づける日がくるのか?

 素敵な魔法石や、精霊魔法も登場しますよ。
 
 爽やかな恋を応援したい方、必見です!

★★★ Excellent!!!

異世界が舞台のファンタジーです。

面白いのは、転生者の王女がヒロインなのですが、彼女が主役ではないところ。

前世の記憶を持つ彼女は妄想癖王女といわれ理解者がおらず涙していました。そこへ温かい手を差し伸べてきたのがカイ。彼が主人公なのです。

このふたりが出会い幼馴染として互いに理解し合いながら成長するのですが……ふたりには身分という壁がありました。

カイ視点で展開する物語は、差別や無理解に苦しむ姿を描きつつ、全編を通してほんわかとした優しさに包まれています。

王女に恋心を抱きつつも、身分差があるため、それをくちにできないカイ。
そんなカイに対して、つらくあたってくるライバルや、お節介気質の義姉など、キャラクターが生き生きとしていて、彼らがプロットに見事に絡んできます。

明かされる真相や、驚きの転生理由や、まさかの人物の裏の顔など、魅力たっぷり。主人公たちの成長や恋の行方を、ニヤニヤハラハラしながら見届けましょう。おすすめです。


★★★ Excellent!!!

前世は日本人。異世界転生したと言い張る王女を見守るために、魔導騎士見習いになりたい主人公。
残念ながら魔導騎士見習いに合格することはできませんでしたが、王女の専属書記官になることに。

王女の異世界トークを唯一信じてくれる幼なじみの主人公と王女ですが、王女はいまだに王族の証である『芽吹きの祝福』ができません。

そんな王女に貴族との縁談がおこります。最初は優しくて爽やかに見えた相手の真の狙いは……。

果たして主人公はこの縁談から王女を救うことができるのか……。

コメディ要素もあり会話も楽しくてテンポよくストーリーは進みます。

前世で亡くなった真実も解き明かされ、王女と専属書記官の身分違いの恋にハラハラドキドキしながらも、ラストはスカッとするくらい気持ちのいいハッピーエンド。

身分違いでも勇気を出して、想いを貫く素敵な恋。

★★★ Excellent!!!

前世は日本人で、異世界のお姫様に転生したアリサ。
いわゆる異世界転生ものですが、本作の主人公はアリサではありません。アリサの幼馴染みの、カイという男の子です。

転生した本人ではなく、別キャラが主人公というパターンは珍しいのではないでしょうか?
アリサは知り合いに前世の事を話すも、なかなか信じてもらえないのですが、このカイ少年は彼女の事を信じてくれて。成長した後は、アリサを支える専属書記官となりました。
そして定番の、実はアリサにこっそり恋心を抱いているという設定も、もちろんありますよ。

身分差があるため想いを告げるなんてできずに。それどころか恋敵まで現れて、カイの悩みはつきません。
しかし、異世界の住人からしたら荒唐無稽に思えるアリサの話を真剣に耳を傾けて、彼女を守ろうとする健気な男の子。こんな子を応援せずにどうしますか!

ピュアで可愛いカイとアリサのことを、どうか見守ってあげてください。

★★★ Excellent!!!

 自分を異世界転生者だと言い張る王女のアリサは、それを信じていない人々から変わり者だと軽んじられている。そんな彼女の傍にいるのが、幼馴染みであり専属書記官でもある、このお話の主人公カイくんです。

 この二人、幼馴染みという事もあって仲が良い。
 二人の掛け合いからもそんな様子が分かるのですが、その気持ちは恋に育っていきます。

 くっついてー! と願うのですが、それは身分によって叶わない。そこに舞い込むアリサ王女への縁談話。アリサ王女を想いながらも、彼女の幸せを第一に願うカイくんだったけれど、その縁談は色んな思惑が絡み合ったもので──。

 カイくんは優しくて、鈍感で、無自覚タラシ。そんな彼の周りに居る登場人物達も可愛らしかったり、心の強さを持っていたり。そして人間らしく嫉妬に溺れたりと魅力的な人達ばかりです。
 しかしやっぱりわたしはカイくんを推したい。優しいだけではなくて、実は情熱的なカイくんが素敵なのです。

 
 ユーモアが盛り込まれていて、転生したというアリサの言葉にはくすりとしてしまう事も多いです。しかし、これはただの可愛らしい恋物語ではなくて……本当に驚く仕掛けが沢山あるのです。
 是非読んで、驚きながら、二人の恋を応援してほしい。
 とても爽やかな、素敵なお話です。

★★★ Excellent!!!

内容等は他の方が分かりやすくレビューされているので読了感などを。

異世界転生物は初めて読んだので、他の作品と比較はできませんが、世界観も入りやすく、とても読みやすい作品でした。
ストーリーの背景・設定なども読み進めていくうちに入ってきます。

カイの真面目なキャラも、アリサの愛らしいキャラも、作品の雰囲気と合わさり、柔らかい雰囲気を作りあげています。
その一方で緻密にばらまかれたクスリと笑わされるネタや、そう来ましたか! と唸ってしまう展開。
ハラハラしたり、ドキドキしたり、後半は夢中になって読み進め、最終的には心温まる展開に思わずニヤニヤ……もとい、微笑みと共に読み終えました。

カイもアリサも可愛くてお薦めです!

★★★ Excellent!!!

実力はあるのに、養子となった家の身分が足りないせいで希望する職に就けなかった主人公・カイ。
王族なのに、可笑しな言動のせいで世間から変わり者扱いされる王女・アリサ。
それぞれの理由ではみ出してしまった二人の、まっすぐで可愛い恋のお話です。

実は、アリサは『異世界からの転生者』。彼女が元いたのは我々の住む現代日本です。
この物語の登場人物たちにとっては当然知らない世界なのですが、カイの目線を通して見るアリサの様子から、読者には「彼女が日本にいた」ということが分かる仕様になっています。
このメタ視点を利用した構造が面白いなと思いました。

世界観や人間関係、魔法の設定など、自然な描写ですっと入ってきます。
カイとアリサ、そして周囲を取り巻く思惑や感情も丁寧に描かれており、とても読みやすく魅力的です。

最後に明かされたアリサの転生の理由にもほっこりした背景があり、物語全体を通してまっすぐで優しい雰囲気がありました。
カイとアリサの今後をあれこれ想像したくなる、爽やかな読後感。とても可愛らしいお話でした!

★★★ Excellent!!!

 異世界から転生したのだという王女アリサ。しかし、まわりからは妄想だと思われているため、なにかと変人扱いされています。
 そんな彼女の幼なじみであり、唯一の理解者といえる主人公のカイ。魔導騎士見習いを目指していた彼ですが、思いがけずアリサの専属書記官を務めることになって――?

 差別や孤独といったテーマを内包しつつ、物語は明るく軽妙なリズムで進行していきます。恋に魔法にアクション、陰謀に策略にと盛りだくさんですが、ゴチャゴチャした印象はなく、とても読みやすく自然と物語の中に入りこめます。

 決して無視できない二人の身分差。はたしてカイの決断と恋の行方は。
 そして、忘れてはいけない、アリサの転生の真相にも注目です。

★★★ Excellent!!!

本作の主人公は、前世である異世界の記憶を持って生まれた王女、アリサ……ではなく、彼女の幼馴染みにして専属書記官であるカイ。
この時点で少々特殊ですが、大多数の転生ものとは違う点がもうひとつ。転生ものというと、前世の知識や技術、もしくは神様からもらったスキルで大活躍することが多いですが、アリサの場合スキルはなく(そもそも本作にスキルという概念はありません)、前世の記憶も、ほとんどの人から妄想の産物と思われ、変人扱いされることも少なくありません。

主人公カイの役目は、そんな彼女の持つ前世の記憶の中から、役立つことがあるかもしれないと発言を書き留めておくものですが、彼もまたその生い立ち故に、理不尽な扱いを受ける立場でありました。
しかしそんなカイだからこそ、周りからは奇異な目で見られるアリサに寄り添う優しさを持っていて、いつしかその思いは、恋心へと育っていきました。
読者としては、ならこのままくっついちゃえばいいのにと思いますが、それを阻むのが、二人の身分差。王女であるアリサと、決して高くはない身分であるカイとでは、どんなに想っていても結ばれるのは難しいのですよね。

カイの想いは、果たしてどこへ行き着くのでしょうか。

★★★ Excellent!!!

恋心って、焦ったいの堪りませんね!\\\\٩( 'ω' )و ////

カイは王女であるアリサの専属書記官となった。
彼女は異世界転生者としての記憶を持っているだけでなく、以前よりカイが恋心を持つ相手。
だが、身分違いの恋だからと、彼女の幸せだけを祈りつつ、側にいられる仕事に満足していた。

アリサは王族の証である芽吹きの力が使えず、また異世界転生者の記憶もあって、王女の中でも偏見まみれに見られていたのだが。

そんな中で降って沸いた話。
それはアリサを狙う不穏な気配と、彼女への求婚話だった。
そんな中、カイはどうするのか。
そしてアリサはどんな未来を目指すのか。

と、あらすじから読んで分かりますが、異世界ファンタジーでありつつも、ラブコメ(恋愛)色も強い作品です。

何気に特徴として面白いのが、王女アリサでしょう。
ただの王女ではなく異世界転生者の記憶を持つがゆえ、それらの発言で奇異の目で見られてしまう点が、本編でもチラチラと垣間見えるのですが。
異世界転生者の言葉を理解できる者がおらず、頭がおかしいと片付けられてしまうからこそ、理解者であるカイが書記官として成り立つという妙。
これがひとつ強いと思います。

そしてもうひとつは、奥手で優しいカイの存在。
強力な精霊魔法を使えるのにもかかわらず、それに溺れず、少しでも怪我をさせないといった配慮を見せ。
自分が傷ついても好きな人を見守ることを心に決め。
だからこそ想い語れず。側にいられれば良いという甲斐甲斐しさが堪りませんね!

この二人の感情の行方も気になりますが、勿論作品としても王族の証に目覚められるのか。
不穏な者達の企みは何か、など。
沢山見所のあるお話になっております。

レビュー時点で話も佳境に向け動き出す所ですが。冒険や魔王を倒す異世界ファンタジーに飽きたあなた!
日常系異世界ファンタジー兼ラブコメの本作… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

皆様、脇役主人公はお好きですか?
私は大好物です。

脇役と言っても、ずっと脇役と言う訳ではありません。
実は主人公の能力は高く、その事実も物語を彩ります。

異世界転生したヒロイン。彼女の語る言葉はその世界では変わった子として、皆の目にはうつりました。

ヒロインの幼なじみである主人公カイ君はそんなヒロインの言葉を書き留める職業に就きます。

ヒロインは主人公の事を自分の言っている事を信じてくれた唯一な存在だと思っていて、
主人公、カイ君も、ヒロインの事を影ながら支えたいと願っています。

だけど、二人を阻むのが身分差です。
この世界では身分のハードルがとても高く、ヒロイン第一の主人公は悩みます。

ハラハラドキドキの異世界恋愛ファンタジー。
所々の描写も美しく、物語の中にどっぷりと浸かる事が出来ます。

優しい素敵な世界観を堪能する事も出来ます。

おすすめです
(*´ω`*)

★★★ Excellent!!!

皆さんは前世の記憶ってありますか?
子供の頃不思議なことを口走った人々も成長と共に記憶は消えていくことでしょう。
カナルサテン王国の第七王女アリサは、その例外で大きくなっても前世の記憶をもつ不思議な少女です。そして主人公カイはその前世の記憶の断片を記録する書記官です。
彼女が不思議なことを口走るたびにカイはきっちり書き留めます。アリサが口にしたある言葉。そう彼女の前世は……

二人とそれを取り巻く人々の日々は楽しく穏やかに過ぎていきます。
美味しいお茶を飲んで、心を通わせる者と談笑して。幸せってこういうことなんだよと私は思います。
そうした心温まる物語が描けるのばびぶさんが物語作りに誠実に取り組まれているからだと思います、キャラクターが愛らしくも誠実なのですね。
隅々に作者さまの優しいお人柄と細やかな配慮を感じます。
魔法石や精霊が登場するのですが、それを製造している背景だとか魔法の設定、細かに作り上げられた物語世界もまた魅力です。
読む者に対し心の充実と思いやり、そして夢を与えてくれる物語ではないでしょうか。
手に取ればアリサの記憶と魔法、王族としての儀式、たくさんの魅力ある物語のキーワードを追う旅になることでしょう。

★★★ Excellent!!!

主人公のカイは魔道騎士見習い志望ですが異世界転生を自称する王女のアリサとの出会いを機に運命が変わります。落ちこぼれだったカイは突然アリサ専属書記官の職を命じられたのです。書記官になった以上カイはアリサを信じるのですがアリサが自称するには大きな理由があったからです。
身分や世界観からも本来なら出会うはずのない2人、そしてカイに次々やってくる試練と見ごたえのある作品。アリサの真の目的は是非この目で見てください!

★★★ Excellent!!!

異世界から転生してきたと言いはる王女アリサは、ときどきこの世界にはない単語を口にする。
周りは彼女を欠陥王女として見るけれど、王妃と書記官カイは理解を示していて……。

異世界転生してその記憶を持つことは、他の作品だとチートとなりがちですが、この作品を読んでいるとそれはそれで酷なことなのではないかと違う感想を抱きました。
だって、とても悩んでいる幼少時のアリサが可哀想で可愛くて。
それを単なる変な王女、ではなく面白いと感じるカイがいて、物語が楽しくなっています。

しかし、やっぱり異世界の知識を役立てるシーンもあって、「おおお」と感動。
アリサとちょっと対立するロザリーの存在もスパイスとなって、ハラハラします。

癒しとどきどきをかね合わせたこの作品、最後まで目が離せません。

★★ Very Good!!

面白かったです。
今までのファンタジーとは違い、意味不明(ちゃんと理由はあります)な少女との、出会い。
ふつうなら会えない身分の差がある貴族と王族。それぞれの男女が、神様の前でいちゃついています。
それを知っているのか、義姉のロザリーの気持ちとは!?
今後に期待できる作品だと思います。

★★★ Excellent!!!

 よく考えたら、このストーリー。ボーイミーツガールですね。
 異世界転生した女性が今や王女様。しかし、異世界の人々は『前世』『異世界転生』等の言葉は知らない……💧

 困っている彼女……王女様(七歳)と出会った主役……。

 やっぱりボーイミーツガールの要素ありですね!

 今からでも追いかけられる話数。(12/8現在)
 
 是非! ご一読を‼️

 カクヨムコン6長編部門参加作品です‼️

★★★ Excellent!!!

主人公に第七王女専属書記官の職の打診がきます。
七歳、そんな頃から周りから変わり者だと思われています。前世がどうとか……おかしな事ばかり言って、周りは誰も信じていません。


面白い設定の異世界ファンタジーです。


読みやすいです。

作者様のTwitterに自作の表紙絵もあり、そちらもかわいいので、ぜひごらんを!


魔法などのファンタジー要素も設定がこっています。

両片思いの恋愛要素もかわいらしいです。

意外な展開もあり、伏線もあります。

ミステリ要素もあります!後半、意外な展開が!素敵な意外さがいいです。

これは名作!