月と蜂蜜―飛べない鳥、鬼を討つ―

作者 玖珂李奈

あなたへの想いが、未来を拓く

  • ★★★ Excellent!!!

昔話の『桃太郎』を下地にしつつ、独自の世界観で描かれる異類婚姻譚です。

翼を失った鳥人の小夜ちゃんと、出水家の跡取りである凱。
ふたりは種族も、身分も違うため、互いに想いを内に秘め、決して心を打ち明けることはありません。

そんな彼らが共に鬼退治に行くことになり、物語は大きく動き始めます。

小夜ちゃんと凱。このふたりの距離が本当に絶妙です。
ちょっとした、やり取りの中に、想い合う気持ちがあふれまくっています。
わざと粗野な口をきいて、凱を励まそうとする小夜ちゃんの心遣いに、ぐっと来ます。
そして、凱も、直接的に言わなければよいだろうとばかりに、甘いたとえ話がつるつると(笑)。

メインのふたりだけではなく、鬼退治の仲間の猿人・焔と、犬人・憲などの、周りのキャラクターたちの心情も細やかに描かれ、物語にぐいぐいと惹き込まれていきます。

そして、明かされていく「鬼」とは……?

恋愛あり、冒険ありの、まったく新しい『桃太郎』。
すっかり、この物語のとりこです!


(最初に「異類婚姻譚」と書きましたが、正確には、まだ「婚姻」まで行っていません!
 でも、きっと最後には……! と、期待を込めて……!)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

月ノ瀬 静流さんの他のおすすめレビュー 199