となりの席の女が俺にだけ毒舌なので理由を聞いたら『将来、あなたと結婚したいから』と言われて学園生活が一気に楽しくなった

作者 三葉 空

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全86話

更新

  1. 1 俺にだけ厳しい女の訳
  2. 2 お嫁さんみたいだね
  3. 3 面倒くさい女
  4. 4 ちょっとヤンデレっぽいけど……
  5. 5 俺の彼女は変態だろうか
  6. 6 不安な彼女の気持ち
  7. 7 放課後、二人きりの裁判
  8. 8 お見舞いに来た彼女
  9. 9 さわやかイケメンに告白される彼女
  10. 10 エッチな読書
  11. 11 相合傘したいんですか?
  12. 12 ……もう1回
  13. 13 名前
  14. 14 桜子の計画
  15. 15 彼氏のデータ
  16. 16 夏の変態観測
  17. 17 ツンデレデレな海
  18. 18 彼女とアイスを食べるだけの話
  19. 19 お部屋でグラビアごっこ
  20. 20 とうとう二人の関係が……
  21. 21 衝撃の新学期
  22. 22 記者会見
  23. 23 面倒なことばかりで……
  24. 24 後輩女子とデートもどき
  25. 25 訪れる修羅場
  26. 26 お仕置きマッサージ
  27. 27 爽やかに汗を流す訳もなく……
  28. 28 彼女のご機嫌を取る
  29. 29 ふざけた女
  30. 30 桜子の心持ち
  31. 31 危険接触
  32. 32 体育祭、始まる
  33. 33 グラウンドの中心で愛を叫ぶ
  34. 34 クズヒモ彼氏を可愛がるダメ女
  35. 35 ただ、下から眺める彼女のおっぱいを探求する
  36. 36 もしやそこから、女の無限の宇宙は始まっているのかもしれない
  37. 37 美人ユーレイVS猫メイド
  38. 38 二人の相性
  39. 39 とにかく照れまくる桜子さん
  40. 40 誰も居ない教室で、彼女を弄ぶ
  41. 41 鬼畜な彼氏でごめんなさい
  42. 42 危険なゲーム
  43. 43 清水の舞台で、彼女はエロる
  44. 44 修学旅行の夜に、彼女とチャHる
  45. 45 俺だけの舞妓
  46. 46 2日目の夜も、思い出を振り返りながらチャhる
  47. 47 結局、桜子さんは弄ばれる運命
  48. 48 イケナイ彼女にお仕置きをする
  49. 49 日々、探求を怠らない
  50. 50 穏やかなクリスマス
  51. 51 最高の時間
  52. 52 久しぶりに、いじめて?
  53. 53 健気に尽くしてくれる妻にいたずらをする夫の構図
  54. 54 別れの春……
  55. 55 波乱の新学年
  56. 56 彼女と部屋でまったり遊ぶ
  57. 57 可愛い猫もきちんと躾けるべきだろう
  58. 58 全力少女には優しく応えよう
  59. 59 新たな勉強法
  60. 60 彼女がかまってくれないので、仕方なくペットと遊ぶ
  61. 61 ペットな彼女
  62. 62 お部屋で王様きぶん
  63. 63 繋がっている二人
  64. 64 バカな二人
  65. 65 新しい刺激
  66. 66 ひたすら弄りスト
  67. 67 愛する彼のために尽くす
  68. 68 Jはジャンボって意味だよね?
  69. 69 プロの女
  70. 70 ステイホームでひたすら彼女をいじめる
  71. 71 続・ステイホームでひたすら彼女をいじめる
  72. 72 もうずっとステイホームで良いんじゃないだろうか
  73. 73 笑ったり鬼畜ったり
  74. 74 桜子のファンサービス
  75. 75 彼女とコンビニに行くだけの話
  76. 76 水着で彼女をいじめた後に……
  77. 77 ドMのようでやっぱりドS、そして彼女の巨乳で遊ぶだけの男
  78. 78 クズなご主人様に弄ばれる
  79. 79 桜子さんのインタビュー
  80. 80 夢の3ケタを目指して、イチャラブる
  81. 81 祝3ケタ記念イチャラブる
  82. 82 桜子ちゃんのクレームタイム
  83. 83 桜子ちゃんのドッキリタイム
  84. 84 じゃあ、俺らも終わりますか
  85. 85 破裂しそうな……彼女の胸
  86. エピローグ