僕が守りたかったけれど

作者 景空

これは、一人の狩人の物語

  • ★★★ Excellent!!!

これは、よくある魔王を倒すだとか、世界を救うだとか、そう言った物語ではありません。

あくまで一人の男の物語、苦悩し、選択し、そして歩み続ける。

彼の行く先に何が待っているのか、彼の選択は正しかったのか。

心優しきフェイ
幼なじみのアーセル
思い続けたミーア
そして、勇者様

タイトルの意味が分かる頃には、きっと世界が『色』に気づく時、その時まで追い続けたくなる物語。

そんな作品です!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

書峰颯さんの他のおすすめレビュー 115