僕が守りたかったけれど

作者 景空

満たさない絶望

  • Good!

タイトルのみで作品全てを語っている作品が多いなか、シンプルに澱みを含ませ物語に更なる感覚を足している様に感じました。主人公も届き得ない理想を求め続ける傲慢さがとても良く、脇役の愚かにも幸福そうな対比も更なる仄暗さを内包させるにはとても良いテイストだと思います。無知を享受出来なかった悲しさを乗り越えてハッピーエンドを願います。
愚者を求める者は是非

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

@EarthGorillaさんの他のおすすめレビュー 76