天の仔馬 ―『飛鳥』外伝(後日談)

作者 石燈 梓(Azurite)

草原に訪れた安寧の中で、彼らは生きている。

  • ★★★ Excellent!!!

さる遊牧騎馬民族が各部族を束ねる王を立て、
王が《天人》らと共に戦を平定して、十数年。
草原に訪れた安寧の中で、彼らは生きている。

王と妻、その息子、彼らを取り巻く仲間たち。
過酷な自然と共存して暮らしを立てる人々の
逞しくも和やかな息吹を、ここに感じました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

馳月基矢さんの他のおすすめレビュー 350