碧天のアドヴァーサ(旧:最強とは身体改造のことかもしれない)

作者 ヨルムンガンド

186

73人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

 転生、転移なしのハイファンタジーで、主人公が最強という、お約束を踏まえた定番の物語です。

 自身の身体を様々に変化させる主人公は、読者に作者の強い拘りがある事を感じさせる象徴ではないでしょうか。

 衰退しつつある国、ヒロインとの関係、それに全てが定番、安心して読める展開なのだと思います。

★★ Very Good!!

惜しい……。
設定の細かさ、展開は満点の評価である。
ただ、文章の末の部分のである「〜〜た」の数が圧倒的に多いことから少し文章に幼さを感じた。実に惜しい。
まぁ、主観の判断であるから間に受けないでスルーしていただいても構いません。
ここまで辛口で申し上げさせてもらったが、最初に申し上げた通り、設定、展開は満点であるので、見てつまらないという作品ではない。
王道ファンタジーを貫通しているので、王道ファンタジーが好きな人は見てみてもいいだろう。

★★★ Excellent!!!

この上なく丁寧につくりこまれたファンタジーです。
世界観、物語の雰囲気、丁寧な展開、そこから繰り出されるハラハラの戦闘描写。
どこにもこだわりがあり、尚且つごまかしがない。すべてに理由や意味がある『強い』作品です。

流行に迎合しないスタイルも素敵で、作者様がつくりたい話をしっかりやりきっていることも魅力。
次へ次へと進みたくなるヒキ、サブタイトルづけとエピソードの紐付け。どこまでも構成がスゴい。

転生・転移なしの異世界ファンタジーをじっくり楽しみたい読者さまには、『間違いない』一作です。是非!

★★★ Excellent!!!

Twitterの企画で100以上の応募があった中から2つ選ばせて頂きました作品の1つです。おめでとうございます。
この作品は、他にはない独特のファンタジーの世界観。そしてストーリー性の高さ。文章の書き方はお手本と言える。この表現力は読者にしっかりと伝わる。何よりこの作品の醍醐味は戦闘シーンである。この戦闘シーンの描写は他には書けないこの作者の圧倒的な良さである。丁寧に書かれていながらも、しっかりと激しさや戦闘シーンのワクワクする感じが味わえる。主人公の戦闘シーンは特に良く出来ている。この世界観には読者は必ず引き込まれるだろう。読者を飽きさせない工夫もしっかりと出来ている。是非、他の作品も見てみたいと思う作家である。これからも陰ながら応援しています。頑張って下さい。

★★★ Excellent!!!

何よりも戦闘描写に着目してほしい!!スピーディでダイナミックな王道ストーリーに全く引けを取らないワクワクする描写力に脱帽しました!

例えるならそう、絵も話も上手い少年漫画のような作品です!

冒頭を読んで無双系だと勘違いするなかれ、そして主人公を値踏みすることなかれ。加速度的に面白くなっていくこの作品の今後から目が離せない!!

★★★ Excellent!!!


第一話の美しさを、私は他に知らない。
卓越した語彙力・表現力・描写力が生み出す戦闘描写は、圧巻の一言です。控えめに言っても素晴らしい。

展開もドラマティックでどきどきするお話が多く、私を最新更新分までまったく飽きさせませんでした。

主人公は果たして何者なのかーー
クリネさんとの関係がどうなのかも、とても気になります。

学ぶことが沢山ある作品です。今後も応援させていただきます。
このレビューをお読みくださった皆様、どうかこの作品の世界に触れて、浸ってみてください。

★★★ Excellent!!!

とても困りました。ええ、とても。
ここまで表現力のある方を見たのは初めてに近いです。
作り込まれた世界観の表現力は本当に素晴らしく、それに負けじとストーリーも面白いです。
きっと読まれた方は小説で臨場感を味わえる事でしょう。
これは見ないと損です。読み専の方も、小説を書かれてる方全てに見てほしいです。

★★★ Excellent!!!

何と言っても一つ一つの設定が素晴らしいなと思いました。

他には類を見ないストーリーでオリジナリティもあり、もっと人気が出ていてもおかしく無いなと思いました。

ここまでの凝った世界観のファンタジー作品は他には少ないと思います。

物語1話1話に味があるので読者を飽きさせず読んでいて楽しめると思います。

是非一度拝見してみてはいかがでしょうか?

★★★ Excellent!!!

個人的に文章の雰囲気がすごく好きです。

静かながらも丁寧に描かれているため、読者にも物語が伝わりやすくて読みやすいです!
話ごとに視点を変更することでキャラクターのしっかりと形作られていくので読んでいて楽しい!
「俺TUEEE」系などのウェブ小説の流行りの部類ではないのかもしれませんが、私はこういう作品の方が大好きです!

★★★ Excellent!!!

場を示す言葉がとても上手く、すんなり想像できる上にかなりスラスラ読めました。主人公の破天荒な行動と、時折みせる大人っぽさがたまりません!!
ヒロインの彼女にも感情移入がしやすい書き方になっているため、自分の事のように手に汗握って読めました!
行動にいちいち驚いたりすることは物語の中では無くなってきているのですが、久しぶりにあの感覚が味わえました。

★★★ Excellent!!!

ストーリー自体はよく言えば王道、悪く言えば有りがち、という感じだな。と思った矢先にはて?なんでこんな読みやすいんだろうか?
答えは視点と描写のやり方だった。目線を行動を起こしたモノからずらし、分かりやすくする。本来違和感がある描写も、視点を変える事で上手くまとめていた。

★★ Very Good!!

一章まで読ませて貰いました。
普段あまり読まないジャンルですが楽しく読ませていただきました!

Twitterで辛口の感想をとのことでしたので、僕なりの見解をまとめさせていただきます。
尚、あくまで僕の意見ですので、これを読んでいるカクヨムユーザーの方は是非この作品に目を通してレビューしてください。

それから、僕はまだ一章しか読めていません。この先の二章ではできていることをココで指摘してしまうかもしれません。予めご了承下さい。


ストーリーの内容に関してですが、すいません。冒頭でも述べた通り普段読まないジャンルなので下手に触れないでおきます。


文章の書き方的な所でいくつか。
必ずしも作品には見せ場があると思うのです。この作品でいえば戦闘シーンでしょうか。
なので戦闘シーンとそれ以外の文章でもう少しメリハリをつけることができればもっと躍動感が増し、もっと魅力的な作品になると感じました。
文章にメリハリと言われてもピンと来ないかもしれませんが、それが出来ている作品は人気を伸ばしやすいです。
不思議と読んでて熱くなる作品ってありますよね。それってストーリー構成が上手いだけじゃなく、文章での雰囲気作りも上手なのです。
この作品も雰囲気作りができていないわけじゃないですが、もう一歩と感じてしまいました。
雰囲気作りで大事なのは情景描写です。戦闘中に主人公の独白のシーンがあるのは多いに結構なのですが、情景描写も忘れず、またその情景描写で何を伝えたいのか(例えばスピード感だったり緊張感だったり)を意識して書いてみてください!


あと、横文字の名前って覚えにくいんですよね。
日常から見慣れていないという人が大半を占めるので。
ダメってわけじゃないですし、この世界観で佐藤くんなんて出てきたら疑問符しか出てきません。
だた書く上で、覚えにくいという事実があることは念頭において置いて… 続きを読む