碧天のアドヴァーサ(旧:最強とは身体改造のことかもしれない)

作者 ヨルムンガンド

186

73人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

一章まで読ませて貰いました。
普段あまり読まないジャンルですが楽しく読ませていただきました!

Twitterで辛口の感想をとのことでしたので、僕なりの見解をまとめさせていただきます。
尚、あくまで僕の意見ですので、これを読んでいるカクヨムユーザーの方は是非この作品に目を通してレビューしてください。

それから、僕はまだ一章しか読めていません。この先の二章ではできていることをココで指摘してしまうかもしれません。予めご了承下さい。


ストーリーの内容に関してですが、すいません。冒頭でも述べた通り普段読まないジャンルなので下手に触れないでおきます。


文章の書き方的な所でいくつか。
必ずしも作品には見せ場があると思うのです。この作品でいえば戦闘シーンでしょうか。
なので戦闘シーンとそれ以外の文章でもう少しメリハリをつけることができればもっと躍動感が増し、もっと魅力的な作品になると感じました。
文章にメリハリと言われてもピンと来ないかもしれませんが、それが出来ている作品は人気を伸ばしやすいです。
不思議と読んでて熱くなる作品ってありますよね。それってストーリー構成が上手いだけじゃなく、文章での雰囲気作りも上手なのです。
この作品も雰囲気作りができていないわけじゃないですが、もう一歩と感じてしまいました。
雰囲気作りで大事なのは情景描写です。戦闘中に主人公の独白のシーンがあるのは多いに結構なのですが、情景描写も忘れず、またその情景描写で何を伝えたいのか(例えばスピード感だったり緊張感だったり)を意識して書いてみてください!


あと、横文字の名前って覚えにくいんですよね。
日常から見慣れていないという人が大半を占めるので。
ダメってわけじゃないですし、この世界観で佐藤くんなんて出てきたら疑問符しか出てきません。
だた書く上で、覚えにくいという事実があることは念頭において置いて… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

作品自体のクオリティも高く、しっかりとした構成になっています。

続きが気になる話の作り方、しっかりとした設定及び世界観素晴らしい出来栄えだと思います。


見る者の心を奪われる……そんな作品です。

内容については、一度お読み頂く方が楽しみになるかと思います。

私からは一言。最新話の微笑が気になるので更新早く!ですヾ(๑╹◡╹)ノ"


★★★ Excellent!!!

【面白かった点】
・展開が早く、退屈せずにサクサクと読み進める事ができた。
・驚くような展開があり、その回収もきちんとされている。
・戦闘シーンも力押しではなく、勝つべき理由が描かれている。

【気になった点】
・魔導(魔法?)と科学が入り混じった世界観だと思うが、どのような世界なのかが読者の想像に負うものが多い。もう少し、街並みや科学レベルなどの描写が欲しい。
・主人公の性格がクール系だと思うが、ヒロインのためにいきなり怒ったりと、心理の展開が読み取りにくい。ヒロインが主人公にひかれる点も、もう少し描写の積み重ねが欲しい。
・ハンター制度について、この世界でどのような役割を果たし、上級の前の中級・初級ハンターがあるなら、上級との違いが知りたい。

★★ Very Good!!

 一人の少年は、はるか空から降り立ち、冒険を始める。
 その身に宿した力が、どれだけ異端かも考えずに――。

 有り余る力を持つ少年、ルクの行く先々に現れる、多彩な人々。
 時にぶつかり、時に笑い合いながら、ルクと彼らは絆を育んでいく。彼らもまた、ルクの無邪気で真っ直ぐな一面に惹かれ、行動を共にする者も。
 その一方で、ルクは己の身体に宿った力について知り始める。
 彼が宿した、力の真実とは?

 全般的な描写が大味ではあるものの、そこで描かれる展開はまさに王道。
 懸命にぶつかり、努力し、刺激し合って成長する人物たちの姿がある。
 そんな生き生きとした彼らとの冒険を、楽しんでみてはいかがだろうか。

★★ Very Good!!

 自身の体に特殊な性質を付与できる、正体不明の主人公が駆け抜ける王道ファンタジー。
 主人公の多彩な知識と戦闘技術を魅せつつも、関わるキャラクターたちにも見せ場がしっかりとある良い作品です。

 メイントも言える戦闘描写は、難しい表現や細かすぎる描写は無く。気軽に読める上に挟まる説明も分かりやすいと私は思いました。