天使のような可愛い過ぎるクラスメイトと、俺を好き過ぎる可愛い後輩、どっちを選べばいいんだ!?

作者 冨田秀一

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全84話

更新

  1. 高二 一学期 七月の出来事
  2. 第一章 一途な後輩からの告白
  3. 第1話 桜木ちろるは一途だから、きっと全力で俺をほれさせにくる
  4. 第2話 神崎若葉は天使だから、横断歩道の黒いところを踏むと死ぬらしい
  5. 第3話 青葉吹雪は「弟くん、髪の毛伸びたね。お姉ちゃんが切ってあげようか?」なんて優しい姉貴ではない。
  6. 第4話 青葉風花は、意味不明なJK語を使うことを覗けば概ねよくできた妹である。
  7. 第5話 青葉雪は、妹の全裸を見ても特に感情の起伏は起こらない。
  8. 第6話 青葉雪は、色々なルーティーンを愛している。
  9. 第7話 ちょろるんは、きっとDVされても謝って抱きしめられたらすぐに許しちゃう。
  10. 第8話 管理員の芝山さんは、よく自身の青春時代を懐かしむ。
  11. 第9話 神崎さんには、アポイントをとってから俺に話しかけてくるように要求したい。
  12. 第二章 球技大会の準備
  13. 第10話 宮本言葉は、俺にとっての本当のお姉ちゃん(血は繋がってない)である。
  14. 第11話 リア充しねしね団は、球技大会の希望調査に組織票を投じる
  15. 第12話 クラス委員長は、これが青春だと声をあげる。
  16. 第13話 青葉雪は、女子の前で着替えるのが少し恥ずかしい
  17. 第14話 月山翼は、サッカー部のベジータポジションである。
  18. 第15話 クラス委員長は、突然「円陣をくもう!」と提案する。
  19. 第三章 球技大会の幕開け
  20. 第16話 桜木ちろるは、自分が恋に落ちた思い出にふける。
  21. 第17話 青葉雪は、可愛い後輩からの言葉に気合を入れ直す
  22. 第18話 無双をかます青葉雪と、クラスの女子からの黄色い歓声に焦る後輩
  23. 第19話 たかが球技大会で、戦場のような檄をとばす青葉と月山
  24. 第20話 青葉VS月山の試合の決着とさらなる敵
  25. 第21話 神崎さんは、バドミントンをする姿もとっても可愛い。
  26. 第22話 俺と姉貴の争いなんて醜いものは、神崎さんの視界には入らない。
  27. 第23話 青葉吹雪は、意外とブラコンなのかもしれない
  28. 第24話 剛田と池上は球技大会にあるまじき戦法をとり、青葉もまた必勝法を画策する。
  29. 第25話 クラスメイト達は、青葉の指示通りのプレーを遂行する。
  30. 第26話 剛田VS青葉のワンオンワン
  31. 第27話 黄色い歓声に舞い上がる理系の4組男子たち
  32. 第28話 ここぞ、という場面での最終兵器 ”田中”
  33. 第29話 死力を尽くした俺たちの最終決戦の結末
  34. 第30話 放課後の部活で、ちろるは頑張った雪を労う。
  35. 第四章 球技大会の打ち上げ
  36. 第31話 妹は兄のために、クラス打ち上げ用の私服をコーディネートする。
  37. 第32話 クラス委員長は、打ち上げ会場にこの世の楽園を選んでくれた。
  38. 第33話 球技大会で活躍した青葉は、クラスの男子からもてる。
  39. 第34話 神崎さんの私服をチェックする至福の時間
  40. 第35話 神崎さんは、食べ放題ビュッフェでわんぱくに盛る。
  41. 第36話 神崎さんが並ぶなら、俺も並ばなきゃっ!
  42. 第37話 神崎さんの運動神経の悪さは折り紙付きである。
  43. 第38話 青葉はシスコンかと聞かれたら、半分イエスで半分ノーである。
  44. 第五章 学期末の長い一日
  45. 第39話 ちろるはノートも名前もキラキラしている。
  46. 第40話 ちろるは、バカップルみたいな事をおねだりする。
  47. 第41話 ちろるVS波動球打てそうな人のテニスの試合
  48. 第42話 ちろるは、球技大会で頑張ったご褒美を要求する。
  49. 第43話 これが俗に言う修羅場というやつだろうか
  50. 第44話 告白の返事
  51. 第45話 クリスマスイブは、やはり俺と因縁がある日かもしれない。
  52. 第46話 風花曰く、ちろるんの愛は重いを超えて狂気じみている
  53. 第47話 一学期、最後の日
  54. 番外編(高二 一学期 七月)
  55. 番外話 10000PVありがとう記念  
  56. 番外話 吾輩は青葉家の犬である
  57. 高二 夏休み 八月の出来事
  58. 第一章 先輩たちの最後の総体
  59. 第1話 どこか精気の抜けたサッカー部の二年生
  60. 第2話 サッカー部キャプテンからのお呼び出し
  61. 第3話 須崎先輩の個人的なお願いは、耳を疑うべきものだった
  62. 第4話 青葉雪は、ノスタルジックな雰囲気に思い悩んでみる
  63. 第5話 雪キャプテンの就任初日
  64. 第二章 花火大会
  65. 第6話 晴れ女と雨男は、花火大会の天気で賭けをする。
  66. 第7話 手を繋ぐよりも恥ずかしいこと
  67. 第8話 妹をこれからも末永くよろしくお願いします
  68. 第9話 木陰にいきなり引っ張られた後輩は、変な妄想をする
  69. 第10話 花火大会前の天体観測
  70. 第11話 帰り道での思い出話
  71. 第三章 とある休日の来訪者
  72. 第12話 黒瀬絵梨は、気弱そうな黒髪ロングの妹の友達である。
  73. 第13話 絵梨ちゃんは、風花との出会いの思い出を語る
  74. 第14話 その声は、確実に彼女達の耳に届いている
  75. 第15話 ちゃんと自分の気持ち言えるじゃん
  76. 第四章 海水浴とそれぞれの夢
  77. 第16話 それはただの男避けの案山子(かかし)である
  78. 第17話 挙動不審な俺にも増して、挙動不審な須崎先輩
  79. 第18話 男の欲望を駆り立てる残酷な天使(水着姿神崎さん)のテーゼ
  80. 第19話 涙目でぎゅっと俺の背中にしがみ付く神崎さん
  81. 第20話 姉貴の芸術(弟を素材にする)は爆発である 
  82. 第21話 神崎さんの「ワトソンくん・・・、それはだね~」というホームズの真似は可愛い
  83. 第22話 神崎さんからの思いがけない告白
  84. 第23話 言葉先輩の秘密に近寄り過ぎると命に関わる
  85. 第24話 俺の心が「好きだ」って叫びたがっているんだ!
  86. 第25話 神崎さんとの新婚夫婦みたいなやりとり
  87. 第26話 姉貴の勘違いと胸に秘めた野望
  88. 第五章 終わる夏休みと終わらない宿題
  89. 第27話 後輩からのSOSと恋のABC
  90. 第28話 甘い物食べながら、コーヒーにも砂糖入れてるやつww
  91. 第29話 可愛い後輩からのまさかのため口
  92. 第30話 将来の夢がお嫁さんなら、文理選択はどっちがいいのか
  93. 第31話 夫婦になれたみたいで、嬉しいです。
  94. 第32話 俺と彼女の未来予想図
  95. 番外編(高二 夏休み)
  96. 番外話 天使のような読者の有り難すぎるレビューと優しすぎる応援
  97. 番外話 夏夜のJC達のお泊り会
  98. 高二 二学期 九月の出来事
  99. 第一章 新学期の幕開けは生徒会と共に
  100. 第1話 年長者の言葉にはそれなりの重みがある