こんがり化けたモノクローム

作者 つじは

「青春」の化けの皮

  • ★★★ Excellent!!!

4人の高校生が部活や行事を通して失敗と成長を重ねる群像劇です。

主人公は、占いの結果を元に行動することを信条とする理屈屋の高校生です。よく言われていることですが、日常ミステリーって、謎が謎に見えないほどささやかなものだったり、探偵役が探偵を生業にしているわけではないので、なぜその謎を調査するのかという動機付けの設定が難しいんですよね。しかしこの設定ならトリッキーな理由付けで、探偵役に推理に向かわせたり/逆に手を引かせたり、あるいは読者にミスディレクションを与えたりできるなと思いました。第3章ではこの設定がギミックからテーマへと推移していて、キャラクター小説としての練度を感じました。あとは沙妓乃ちゃんが可愛い。推せる。

ただ、ミステリーとしての面白さやギミック、例えば「回答が提示される前に真相を暴きたい」とか、「え、あの何気ないシーンがここに繋がるの?!」的な驚きを期待して読むと、かなり物足りない印象を受けました。謎をもう少しわかりやすく謎に見せかける工夫や、解答が提示されるまでに推理に必要となる全ての情報を提示する工夫があると良かったです。ただ、これは私の好みと期待の問題なので、そんなんどうでもいいんだぜという人には問題ないと思います。

まだ未完結ということですが現在(第41話)までのストーリーを見る感じ、この4人それぞれが自分の理想や信条に固執しすぎて、空回りし続けている印象を受けています。この4人の化かし合いの末に、いったいどんな「青春」が現れるのか、楽しみにしています。

(自主企画『学園&青春ミステリー』にご参加頂いた作品です。ご参加ありがとうございました。)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

山田ツクエさんの他のおすすめレビュー 14