きみが明日も生きてくれますように。

作者 此見えこ

最高の希死念慮

  • ★★★ Excellent!!!

読み切った今、しにたくなった。

読み始めたとき、主人公に深く感情移入し、そして妬んだ。しにそうになった。

読み進めたとき、登場人物の想いがなだれ込んできた。しにたくなった。

読み終わったとき、この物語を生きる彼ら彼女らの幸せを願い羨んだ。しにたくなった。

読み終わって、しにたくなって、そして生きたくなった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー