【出題篇】この満ち足りた匣庭の中で 一章―Demon of miniature garden―

作者 至堂文斗

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全79話

更新

  1. Prologue...8/2
  2. 赤い月
  3. First Chapter...7/19
  4. 満生台
  5. 夕暮れの帰路
  6. 電波塔
  7. Second Chapter...7/20
  8. 真智田玄人の日常
  9. 盈虧園
  10. 放課後
  11. 満生総合医療センター
  12. 一日の終わり
  13. Third Chapter...7/21
  14. 幼年期の夢
  15. 僕たちの秘密基地
  16. ムーンスパロー
  17. EME――月面反射通信
  18. 鬼たちの影
  19. Fourth Chapter...7/22
  20. 探検の朝
  21. 鬼封じの池
  22. 朽ちた扉
  23. 廃墟の中で
  24. 冷たく、白い
  25. 鬼の目
  26. Fifth Chapter...7/23
  27. あの日の家族
  28. 共有する秘密
  29. 月光ゲーム
  30. 鬼は三匹
  31. 呪いが蝕む
  32. Sixth Chapter...7/24
  33. 気怠い朝
  34. 怖がっているから
  35. 満ち足りた遊び
  36. 住民説明会
  37. 鬼が祟る
  38. 雨と幻聴
  39. Seventh Chapter...7/25
  40. いなくなった者たち
  41. 疑念
  42. 濃霧の向こうに
  43. 第一の犠牲
  44. 隔絶された匣庭
  45. Eighth Chapter...7/26
  46. 水死の怪
  47. 会いたい思いと裏腹に
  48. 雨中の出会い
  49. 訪問
  50. 鬼の歴史
  51. 続く惨事
  52. Ninth Chapter...7/27
  53. 祟りか悪意か
  54. 雨が止んで
  55. 商店で部品を
  56. バイオタイド理論
  57. 夢みたいな話だけど
  58. Tenth Chapter...7/28
  59. 反対者集会
  60. 既読
  61. 牛牧高成という人
  62. 土砂崩れの理由
  63. 窓に映るのは
  64. Eleventh Chapter...7/29
  65. ノイズ
  66. 永射邸跡で
  67. 第二の犠牲
  68. 二人の過去
  69. 方便
  70. Twelfth Chapter...7/30
  71. 消えていく仲間達
  72. 彼女の行方
  73. 二つの現場
  74. 捜査状況
  75. 恐慌
  76. Thirteenth Chapter...7/31
  77. 真智田理緒①
  78. 真智田理緒②
  79. 真智田理緒③
  80. 病室
  81. 病院を後にして
  82. Fourteenth Chapter...8/1
  83. きっと、夏の暑さのせい
  84. 式典の日へ向けて
  85. 名前を呼ぶ声
  86. 託す思い
  87. 崩れゆく箱庭、切なる願い
  88. Fifteenth Chapter...8/2
  89. 運命の日
  90. その目が
  91. 赤く染まって
  92. 鬼が嗤い
  93. 僕らの匣庭は欠け落ちた
  94. Epilogue...?/?
  95. 『オカルト雑誌の記事より』
  96. →二章『匣庭の月』篇へ