きみと桜の木の下で

作者 花音

334

116人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

「風の国」の少女、風花。
あちこちの世界に飛び散ってしまった自身の「心のしずく」を回収するために、この世界にやってきた彼女と、精霊たちに選ばれた中学生の少年少女たちとの出会いから、物語が始まります。

「心のしずく」を巡る数々の冒険と、その中で傷つき、助け合い、成長を続けていく仲間たち。
心躍るエピソードが多数用意されていて、飽きる間もなくテンポよく物語が進んでいきます。
時に残酷な試練に立ち向かい、時に温かな出逢いに心通わせながら。
少年少女たちの、恋と青春の冒険バトルが続きます。

物語のテーマである「風花の心」は、まだまだ多くの謎に包まれています。
少しずつ謎を紐解きながら、手に汗握るストーリーの行方を見守っていきたいと思います。

★★★ Excellent!!!

気弱で優柔不断、自分の意見もはっきりということができない主人公の翼。
そんな彼がヒロインの風花と出会い、『しずく』という不思議な石を巡る戦いに巻き込まれていく中で少しずつ変わっていく、という内容のファンタジー作品。

文体が柔らかく、とても読みやすく書かれているので、スルスルと読み進めることができると感じました。

オリジナルの要素も多く、どのように展開していくの先が気になる作りになっていると思います。

個人的には主人公の翼の内面、心情や考えていることがしっかり描写されていたのがとても好印象でした。

★★★ Excellent!!!

最新話読了時点でのレビューとなります。


主人公の翼くんは臆病な男の子。
であるのと同時に、微笑ましい純粋さと純粋すぎる故のフラグを立て続けていきます。どんなフラグなのか? は是非物語の展開を楽しみながら見つけて頂けたらと思います。

翼くんが大好きで大切に思う少女風花。
可愛らしさと儚さと不思議さと……色々な魅力を持つ彼女と、彼女を巡る物語は時に物悲しく、時に不穏……それらを和らげ続きを追いかけずにはいられない微笑ましさとドキドキが詰まった展開。
絶妙で作者様が楽しまれている言葉遊びは、物語の中に無限の自由を描きだしています。


翼くんが成長していく過程を是非、追いかけてみてください。


★★★ Excellent!!!

翼、羽ばたけ!

心優しいがちょっと優柔不断で頼りない少年が、
ヒロインである少女・風花と出逢い、
不思議な力を使う戦いに巻き込まれていくという本作

私はもう翼大好きです!
普段は弱々しい主人公・翼の覚醒シーンが熱すぎて、
一気に作品のファンになりました

最初こそ、はらはらどきどきで読んでおりましたが、
翼が成長するのが楽しみで楽しみで、
他の人物が活躍するとちょっと嫉妬するくらい
うがった楽しみ方をしています

現代の学生を主軸にした青春群像ファンタジー
とにかくこんなに展開で熱くさせるシーンが本当に秀逸な作品で、
翼が苦手って方でも、さまざまなタイプの登場人物が入り乱れ、
敵味方共に魅力的なので、推しが必ずひとりは見つかると思います


ここからは私事です
カクヨムをはじめて少し経ってから、
ずっと追いかけてきた作品へのレビューです
けっこう緊張しています(笑)
本当は最後まで読みきってから書きたかったのですが、
先がまだ長いのでどうかというのと、
私自身がいま感じたものを残したくて筆を取りました

このレビューを読んで興味をもってくれた方が、
作品を読んで好きになってくれたら、
私もすっごく嬉しいです!

★★★ Excellent!!!

 個人的な感想として、この物語の主人公(翼)の最初の印象はあまりも気弱すぎて、そんな好きにはなれませんでした。

 それに加え、なんだかんだで周りを囲む優しい仲間と恵まれたとも言える環境は、第三者としてそれを見た時、どうしてもぬるま湯に浸っているのではと思える部分がありました。

 ただ、そんな主人公の言動にイライラしながらも、なぜかそこから目が離せない、そして続きが気になってくる……そんな話の展開が絶妙な物語となっています。

 なにより、最初に言及にした短所に感じてきたものを補って余りあるほどに、人物の内面描写が丁寧に行われ、また風景の表現などは一つの情景写真を感想するが如く美しく書かれていると感じました。
 長々として薄っぺらになることなく、だからといって短すぎて伝わらないわけでもなく、その文章の一つひとつが過不足なく綺麗な文体で表現されていると思います。

 だからでしょうか。
 最初にイライラの主犯だった翼の内的な成長と伴い、それらを丁寧かつ大事に大事に、そして繊細に表現しながら進められた物語は、やがて話に出てくる人物たちと読み手の間に一種のシンパ関係を構成していき、最後は彼らの行く末を応援したくなる気持ちにさせてくれる、そんな物語だと思いました。

★★★ Excellent!!!

主人公の翼は『心のしずく』というヒロインの記憶が詰まった欠片集めに協力をする中で、多くの障害に当たります。

最初は自他ともに認める『弱虫』な翼ですが、ヒロインや次第に集まっていく仲間たちと共に数々の試練を越えていくことで逞しく成長していき、とうとう彼を『弱虫』という言葉で縛り付けていたクラスメイトを見返すほどに。

とても繊細で決して強いとは言えない彼ですが、しかしだからこそ深い優しさを持っていてここぞというところで他人のために勇気を振り絞れる。

そんな魅力的な主人公や彼を支えて一緒に戦ってくれる仲間たちが織り成す物語は非常に読んでいて心温まるものです。

心温まる現代ファンタジー、読んで損はありません!
とてもおもしろい小説です!

★★★ Excellent!!!

まだまだ、わたしが読ませていただいてるのは序盤なのですが。

転校生としてやってきた風花と、翼は友だちになります。
ある時、風花を襲う京也により、彼女が心を失くしていることを知る。
風花の心―しずく―は、翼に彼女を助ける力を与えてくれる。
翼は、彼女を守るため、共に戦う道を選ぶのだった。

翼の他にも、風花には心優しい仲間たちが集います。
これからの物語、どんな運命が彼らを待ち受けるのか、楽しみに読んでまいります!
皆様も、大切な誰かのために戦う彼らと共に旅してみませんか?

★★ Very Good!!

 一人の男の子が、本当に守りたいものを見つけ、女の子が本当の感情を少しずつ取り戻して行くお話です。(10話既読)
 現実社会において別世界から力を持った者が現れ、主人公やその周りの仲間たちが成長していく物語や、可愛い女の子が少しずつ自分の感情を知り、感情表現を少しずつ豊かになるお話が読みたい方にオススメです。(マジで!)


 雑感になります。
 男の子が自分でも、理解できない譲れない思いを胸に持ち、周りのサポートで少しずつ成長していくのかなぁ。と読んでいて感じました。
 世界観は、現実社会に近い感じでしたが、男の子を取り巻く環境は優しさ(友達や仲間)に包まれていて、安心して読んでいられました!守りたい女の子が来たという別の世界も優しい世界であってほしい…
 女の子が感情を取り戻した先に…男の子は自信を持っていられるのかなぁ…
 先が気になる作品であり、長編でしたので、私は少しずつ読んでいきます!
 作者様!投稿頑張って下さい!

★★★ Excellent!!!

心の「しずく」を失い、感情を失った風花が、同じクラスの翼を初め、さまざまな仲間と共にしずくを取り戻すべく冒険に出る物語。
とてもキレイな表現で繊細でありながら可憐な風花の魅力が引き立ちます。
感情を取り戻していくごとに現れる風花の可愛らしさにきゅんとします♡

風花を守ろうと自分自身を弱虫だと思いながらも必死で戦う翼の姿や成長も大きな見所なのですが、仲間の一人一人が家庭環境や自分自身に悩みを抱えながら冒険を通してそれを乗り越えていく姿にも心を打たれます。

第4章まで読ませていただいた感想になりますが、一度読み始めたらこの作品の虜になること間違いなしです♡

★★★ Excellent!!!


 現実の地球とは別の世界から現れた少女・風花と、戦いに巻き込まれた少年・翼。彼等が出会い始まるのは風花の失った心の欠片を集める物語──。

 丁寧に描かれる情景描写の中に優しさが込められた文章。これは全年齢層が楽しめるファンタジー作品です。

 翼と風花の周りには仲間達が集まり、そして成長して行く。特に翼は気弱な自分を認めつつ諦めないという強い芯を宿していて、その成長が楽しめる作品。

 これも本来は王道の演出であり、読んでいて純粋さというものを思い出せる。最近こういった健やかな物語が減っているので輝きを感じました。

 成長して行く青少年達の作品を読みたいなら是非お薦めです。

★★★ Excellent!!!

第8章までじっくりと読まさせていただきました。

心を失いつつもそれを取り戻そうとする少女、そんな彼女を助けたく思うも気が弱くて進めない主人公、彼らを支えていこうとする仲間たち。
個性が強く、魅力があふれるキャラクターが揃っていつつも、ストーリーがしっかりと織り込まれています。

また敵か味方かはっきりしない大人という存在がこのストーリーをとても惑わせてくれ(褒め言葉)、続きがどうなるか非常にやきもきさせてくれます。

第9章以降も、どう続くのか期待しています!

P.S. 個人的には彬人くんが非常にいいキャラで一押しです!(≧∇≦)

★★★ Excellent!!!

 心が「しずく」となって飛び散ってしまい心を失った風花が、弱虫な少年翼と出会い心を取り戻すために「しずく」を集めていく物語です。

 そのうち仲間が集まりみんなが風花の心を取り戻すために戦ってくれますが、
翼を始めとした仲間達にも心のどこかに傷を抱えており、それを乗り越えながら戦っていくのです。

 そんな彼らが傷つきながらも風花のために戦う様は優しくも力強いストーリーを奏でていきます。

 ただこのお話し「しずく」を集めて風花が心を取り戻せばめでたしめでたしでは無さそうですよ。
 この辺りが作者、花音様の展開の上手さでしょうね。伏線なんかも所々に張られてますし続きが気になってしまいます。

 是非とも1度読んで欲しい作品です。

★★★ Excellent!!!

とある春の始業式、心のない異世界の少女「桜木風花」と内気で弱虫の僕「相原翼」は桜の木の下で出逢う。

「桜木風花」には心がない。
元々有った心は「心のしずく」として世界中に飛び散ってしまっていた。
その「心のしずく」を仲間達と追い求める物語。

二人の出逢いを初めとし、個性豊かなキャラクター達が登場します。
それぞれのキャラクターの想い、感情が交錯していく魅力の有るストーリー展開で、思わず引き込まれてしまいます!
出来事の一つ一つが胸を打つ作品。

皆様方にも是非ご一読していただきたい、オススメの作品です!

★★★ Excellent!!!

※こちらのレビューは第1章まで読ませて頂いた感想となります。

主人公の相原翼君は中学2年生の男子。
心の優しい少年です。
そんな彼のクラスに桜木風花という少女が転入生としてやってきます。
実は彼女は風の国のお姫様なんです。

けれど、心がないんですね。
無表情で感情が読めない彼女なのですが、これには理由があったりします。
「心のしずく」という石がいろいろな世界に飛び散ってしまい、風花は記憶や感情を失ってしまっているんです。
この設定を考えた作者様は天才かと思いました笑

また、作者様の魅力はこれだけに留まりません。
なんといっても特筆すべきは、この作品から滲み出る暖かさに満ちた文体ですね。
本当に万人向けの作品だと思います。
きっと、あなたも読んでいて、ぽかぽかと暖かい気持ちとなるに違いありません。

登場するキャラクターもどこか愛らしいキャラが多いのも今作の特徴でございます。
私が個人的に大好きなのが風花を追って「しずく」を狙っている京也というキャラクターです。
彼は敵なのですが、どこか憎めないんですよ。
風花のことを実は思っていたり、愛のあるキャラクターなんです。

読み進めるとあなたはきっと思い出すはずです。
子供の頃に忘れてしまったどこか暖かい気持ちを。

どなたにでもおすすめできる一作となっておりますので、ぜひ一度読んでみてください!

★★★ Excellent!!!

月並みな表現ですが、まず綺麗です。
それはきっと描写とか表現とかストーリーとか、きっといろいろなものを示すのでしょうが、この作品はすごく等身大ですっと感情に入ってきます。

奇抜で派手なファンタジーが多い中でしっかりとした物語と奥行きのあるファンタジー小説。
丁寧に書かれた描写と情景ですごく世界観に引きこまれます。

★★★ Excellent!!!

一言で言うなら、絆や心の成長を感じる作品です!


友達を思い合う気持ちが人間を成長させていくそんな感じの物語です。
また少年や少女の心理描写がしっかりと描かれており、物語が進むにつれてそれぞれの成長や相手に対する想いがしっかりと伝わってきます。物語に出てくるキャラクターの成長を求める読者様にとっては是非一度読んでみて欲しい作品です。

私もこれから仕事の合間に読ませて頂きます!

★★★ Excellent!!!

全体的な雰囲気は緩めであり、また序盤の敵もどこか憎めないキャラクターのため、読みやすくまた癒やされるような気分にさせてくれます。
魔法少女ものの雰囲気を醸し出しながらも、主人公は気の弱い少年であり、変身も出来るので、魔法少年少女ものといったところでしょうか。
訳あって感情を失っているヒロインと、なかなか強くなれない主人公がもどかしいですが、暖かく見守っていきたい作品だと思いました。

★★★ Excellent!!!

桜の花びらが舞う春、気弱な少年は無表情で感情のない少女と出逢う。

丁寧に描かれた情景描写は、まるで映像のように目に浮かびます。

――果たして、少女は失った心を取り戻すことができるのか。

気弱な少年と心を失った少女が、冒険を通じて少しずつ成長していく物語。

作者様の繊細で美しい世界観。
情緒豊かで優しい文章は、桜舞う川の流れのように心に浸透していきます。

切々と綴られた感情、主人公の心理描写に思わず感情移入し胸が締め付けられる想いも……。

まだ読書途中ではありますが、続きが気になる作品です。


(第59の扉 弱虫の鎖 拝読後のレビュー)

★★★ Excellent!!!

少女の眼から一粒の涙が零れる落ちる。

その涙は感情という名の大地を潤し、少女は笑顔という名の花を咲かせる。

その涙は感情という名の大地を潤し、少年の心に勇気という名の樹を育てる。

少女の花は友を引き寄せ、少年の樹は仲間を支える。

少女の笑顔に惹かれ集った仲間たちは、少女の感情を取り戻せるのか?

少年の勇気は仲間たちにどんな道を指し示すのか?


少年少女たちの美しくも優しい心の物語。

この冒険は少年少女たちにいったい何をもたらすのか。

私は是非最後まで見届けたいと思う。

是非ご一読頂きたい。

貴方もこの優しい物語の世界に引き込まれること間違いない。






★★★ Excellent!!!

時々、書籍化されている作品と、WEB小説との違いを感じることがあります。
おそらく、WEB小説で大勢を占めるラブコメや異世界ファンタジーの勢いに、私の心が追いついていないのだと思います。

しかし、こちらの作品は、私の心のなかにすとんと収まるものがあって。
きっとこういう作品を私は求めていたのだな、と心がしぜんと反応した気がしました。

見当ちがいかもしれませんが、私のなかでは森絵都さんや辻村深月さん、あるいは梨木香歩さんのような、10代20代の若い読者にお勧めしたくなる部類の作品です。

まず、品がいい。
これは私のなかでとても重要な要素です。

それから、心理描写が丁寧です。
心を取り戻す物語なので、特に心理描写には気をつかわれているのかなと思います。

また、作品世界が柔らかく、優しさが染みわたっています。
キャラクターは個性豊かで、どの人物にも優しい目が注がれています。

時間をかけて丁寧に紡ぎあげられた、上質の物語です。
作者様がこの作品をとても大切にされているのがよく伝わってきます。
将来作家になられる器を持った方だと思います。
ちょっと嫉妬してしまうくらいお上手です(笑)。
一読してみてはいかがでしょうか。

★★★ Excellent!!!

愛は人の間で、相互方向に循環していると感じさせられる物語です。

一人一人の人物がとても個性豊かで、活き活きとしています。
読めば必ずお気に入りのキャラが見つかり、自然と愛着が湧いてしまうのもまたこの物語の魅力と言えるでしょう。

「失った心を取り戻す少女」というコンセプトもとても興味をそそられ、友との絆を深めながら変わっていく少女の心情もとても美しく、彼女の周囲が協力しようとするのも納得できる合理性がそこにあります。

★★★ Excellent!!!

心を失った状態の彼女と僕らは出会う。

僕が出会ったのはあの桜の木の下だったね。

彼女の失った物を取り戻した時、僕らはきっと......。

読んで心が暖かくなる作品って、素敵なんですよ。

彼らの物語は、時に弱く、時に激しい。

でもね成長を一緒に感じ、共に笑い泣けるなんて

そんな作品読んでみたいでしょ?

なら迷わずこの作品をオススメしたい♪

是非、一緒にこの物語の行きつく先まで......。

★★★ Excellent!!!

文章には、人柄が現れると思うんですよね。
花音さんは、性格のいい優しい人なんだろうって思う。

美しい文章、優しい雰囲気。登場人物も好感がもてる子ばかり。

戦うシーンがあるのに、痛いことや変なことにはならないだろう、と安心して読めます。

まだ物語の序盤しか読んでいないけれど、急いで読む小説ではない、と感じます。
登場人物の気持ちや世界観を味わって、ゆっくり堪能しながら読み進めたい。
花音さんが、このお話を大切にしているのが伝わってくるので、読む方も丁寧に読んでいきたい。
そんな気持ちにさせる、愛おしい小説です。

★★★ Excellent!!!

気弱な少年と不思議な少女のボーイ・ミーツ・ガールから始まる素敵なファンタジー。
魔法という幻想的な題材を通して少年少女の友達を想う気持ち、心の成長劇が丁寧に、美しく描かれている名作です。
皆様も是非、彼らの冒険を同じ目線に立って見届けてください。
ぜひご一読を!

★★★ Excellent!!!

綺麗で読みやすい文章で構成された、読んでてリラックスできて尚且つ勇気と元気を貰える優しいファンタジーだと思います。
異世界からはるばるやってきて自分の心を取り戻そうと奮闘する風花と、弱気だけど優しくてちょっとずつ成長していく翼と、それを支えてくれる仲間たちとの冒険。この先も楽しく読ませて頂こうと思います!

★★★ Excellent!!!

桜咲く季節で描かれる、無表情気味な少女【風花】と、弱虫でも思いやりのある少年【翼】が彩る物語。
2人の出会いをきっかけに、世界中に飛び散った『心のしずく』を求めて、個性的な仲間達と様々な国へ冒険していきます。

カットバックが上手く使われており、入れ交じる心情描写が綺麗な作品です。
好感を持ちやすいキャラに、微笑ましく感じるような青春劇、熱量を感じるバトルは大変魅力的であり、虜になること間違いなしでしょう。

彼らは物語の中でしっかりと生きており、描かれるドラマは必見です。
ぜひ読みに来てください。

★★★ Excellent!!!

本作はキャラクターがみんな優しさを持っているところが魅力的なファンタジーです。
敵キャラも憎むことができず、むしろ応援したいところもあり、アンパンマンのバイキンマンを見ているような愛着が湧いてきます。
王道を自分の足で歩くイメージの物語ですので、温かい目で作品を見守りたい気持ちがある読者はぜひお読みください。

★★★ Excellent!!!

まずこの作品は文章がとても綺麗で読みやすいです。
おそらく作者の方の性格が現れているのでしょう。

そして自分の心を取り戻したいが友達を巻き込みたくない優しい主人公とその彼女の力になりたい。助けてあげたいと思う弱虫君の成長していく姿......
そして次々と主人公の為に立ち上がるクラスメイト達......

現代の世界で必死で頑張っているあなた!でも疲れ切っているあなた!
この作品はそんなあなたの心を癒してくれる作品ですよ!
私も毎回、癒されまくりです!是非読んでみてください!

「フッ、読めばわかるさ......」
(訳:どうか皆さん読んでくださいませ!お願いします!)

★★★ Excellent!!!

別世界から一人でやってきた風花。独りで戦闘に挑む姿が印象的でした。
今まで、どのくらい独りで戦ってきたのかを考えると胸が締め付けられます。

翼、優一、どうか風花を独りにさせないでください…と2人の背中を押したくなる。
勇気を出したいときに、思い出したいストーリーです。

★★★ Excellent!!!

『君と桜の木の下で』
第16話まで読んだ感想を。

とにもかくにも文章がきれいです。そしてストーリーも胸を打たれるところが多かったと思います。

あえて、悪い点をあげるならば、三人称と一人称が入れ替わる場面が多々あり、その際読者が入り込んだ世界をぶち壊してしまう可能性があること。

そして、ときどき会話が不自然に思えるところがある。
伏線かもしれませんが、そう感じました。


これからも頑張って下さい。