きみと桜の木の下で

作者 花音

これは魔法に関わった少年少女たちの成長の物語である

  • ★★★ Excellent!!!


 現実の地球とは別の世界から現れた少女・風花と、戦いに巻き込まれた少年・翼。彼等が出会い始まるのは風花の失った心の欠片を集める物語──。

 丁寧に描かれる情景描写の中に優しさが込められた文章。これは全年齢層が楽しめるファンタジー作品です。

 翼と風花の周りには仲間達が集まり、そして成長して行く。特に翼は気弱な自分を認めつつ諦めないという強い芯を宿していて、その成長が楽しめる作品。

 これも本来は王道の演出であり、読んでいて純粋さというものを思い出せる。最近こういった健やかな物語が減っているので輝きを感じました。

 成長して行く青少年達の作品を読みたいなら是非お薦めです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

赤村雨享さんの他のおすすめレビュー 237