きみと桜の木の下で

作者 花音

さまざまな想いを抱えた少年少女の冒険の物語

  • ★★★ Excellent!!!

心の「しずく」を失い、感情を失った風花が、同じクラスの翼を初め、さまざまな仲間と共にしずくを取り戻すべく冒険に出る物語。
とてもキレイな表現で繊細でありながら可憐な風花の魅力が引き立ちます。
感情を取り戻していくごとに現れる風花の可愛らしさにきゅんとします♡

風花を守ろうと自分自身を弱虫だと思いながらも必死で戦う翼の姿や成長も大きな見所なのですが、仲間の一人一人が家庭環境や自分自身に悩みを抱えながら冒険を通してそれを乗り越えていく姿にも心を打たれます。

第4章まで読ませていただいた感想になりますが、一度読み始めたらこの作品の虜になること間違いなしです♡

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

MAriNoさんの他のおすすめレビュー 31