ネオクラシック・キャラバン

作者 じっくり

現実世界から異世界への移行がスムーズな作品

  • ★★ Very Good!!

冒頭は重めなブラック企業の描写が出てきますが、わりと短めに終わっている点がよさげだと思います。
そこが長引くとファンタジーに入りこめなくなるので、最短ルートな分だけ続きが読みやすいです。

それから紹介コピーにも書いたように、異世界への移行がスムーズで説明と描写の量が適切で、これまた読みやすさにつながっています。

>服装は、職場から帰ってきてから、何も変えてない。つまりスーツのままだ。上は白いカッターシャツ、下は黒のスラックス。靴も革靴。
↑こういった描写があるのは親切だなと感じました。

思いっきり個人的なことを書くと、異世界ファンタジー→ギルドみたいな流れが多いので、キャラバンという一捻りは好感が持てる設定だと思います。

まだ読んでいる途中ですが、続きが気になる面白い作品です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

ブラック企業に勤めていた主人公は、砂漠の異世界に転移します。そして彼はそこで、人から感謝されたり、必要とされたりする幸せと、かけがえのない仲間たち、そして自分の居場所とやるべき事、やりたい事を見つけ… 続きを読む

金色のクレヨンさんの他のおすすめレビュー 108