ネオクラシック・キャラバン

作者 じっくり

176

67人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

本作はブラック企業により疲弊した主人公が意識を失い、異世界に転移したところから始まります。
そこには地平線の遥か彼方まで続く砂漠があり、通りかかった行商人に助けられ、村のキャラバンの一員として生きていくことになります。
一度は物を売ることに絶望した主人公が、果たして異世界で何を売るのか、その先行きが気になります。

★★★ Excellent!!!

序盤のブラック企業での体験、これは私に刺さるものがあり、そこからすでに没入しております。

砂漠世界には様々なドラマが盛り込まれております。本当の意味で『旅』の楽しさを仮想体験できる作品だと思います。

私達の世界と異世界、それぞれの問題に対して作者様からのメッセージが伝わってくると思います。

交易に関してきちんと調べられており、設定に穴が無く、思わず『なるほど』と何度も思いました。

文章も堅くなく、スラスラと読めるので是非オススメです!

皆さん、読んで損はしませんよ?

★★★ Excellent!!!

ブラック企業に勤めていた主人公は、砂漠の異世界に転移します。そして彼はそこで、人から感謝されたり、必要とされたりする幸せと、かけがえのない仲間たち、そして自分の居場所とやるべき事、やりたい事を見つけていきます。

カクヨムイチ、サクサク読めるのではないかというほど読みやすく、引っかかりのない文章で、物語の展開に集中出来ます。その一方で、ここぞというドンピシャな情景描写の文言が随所に挟まれており、いつのまにかアニメを見ているような錯覚を覚えるほどです。

また、ジンという謎の生命体が出てくるのですが、その設定がまた憎いくらいに秀逸で、その謎が知りたいとページをめくる内に、どんどん物語に吸い込まれて行きます。

王道の成長物語であり、ロードムービーのような美しさがある傑作です。旅が好きな方には超絶オススメの作品!カクヨムで旅といったらコレ!と言うべき物語は、あなたを見た事のない美しく残酷な世界へと連れて行ってくれるでしょう。

さあ、表紙を開きなさい。
愛と友情と冒険の砂海(せかい)があなたを今か今かと待っております。

★★★ Excellent!!!

主人公マナトは辛い日本での生活を過ごし、異世界転移を果たすわけだが……
作者様の丁寧な世界観構築、そしてテンポのよい文章で、90話まで一気読みでした。
早めにスワイプしても内容がすんなり頭に入ってくるというのは書き手にとって大きな武器とも言えると思います。この作者、じっくり様はそれを持っている!羨ましい限りです。
お薦めの一作です!!!!

★★★ Excellent!!!


自分は誰にも必要とされないと思っていた主人公が異世界へと転移すると、そこは砂漠だった。

そして二人の青年に出会って迎え入れられたのは、新しい家族の村ともいえるキャラバン。

そこで新たなる力を手に入れた主人公が、この世界に自分の居場所を見出していくというファンタジー小説です。

砂漠という舞台で始まる異世界も中々無いなぁと思っていたのですが、単純で想像しやすい「魔法」ではなく独自の設定を使った「マナ」という力。そして「ジン」という敵の設定が大変魅力的です。

またキャラバンの人々の主目的が行商としっかり決まっているのも、物語の一本筋を通すのに大きな役割を担っていると思います。

とても良質なファンタジーだと思います、未読の方は是非。

★★ Very Good!!

冒頭は重めなブラック企業の描写が出てきますが、わりと短めに終わっている点がよさげだと思います。
そこが長引くとファンタジーに入りこめなくなるので、最短ルートな分だけ続きが読みやすいです。

それから紹介コピーにも書いたように、異世界への移行がスムーズで説明と描写の量が適切で、これまた読みやすさにつながっています。

>服装は、職場から帰ってきてから、何も変えてない。つまりスーツのままだ。上は白いカッターシャツ、下は黒のスラックス。靴も革靴。
↑こういった描写があるのは親切だなと感じました。

思いっきり個人的なことを書くと、異世界ファンタジー→ギルドみたいな流れが多いので、キャラバンという一捻りは好感が持てる設定だと思います。

まだ読んでいる途中ですが、続きが気になる面白い作品です。