なぞなぞハナウタ

作者 たまきみさえ

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全100話

更新

  1. 隣のヤツの背丈が
  2. いえね ちゃんと輪郭は
  3. 調味料のビンのふたが
  4. いいだけ詰め込まれて
  5. 小さな手でそっと握った
  6. 今日は来ないと言ってたあなたが
  7. 俺等のフィールドは真ん丸だ
  8. もう いいかい
  9. 誰かの気配を感じて
  10. もしかして なんて未来を少し期待して
  11. 最初はどんなに冷たくされても
  12. きょうだいは たくさんいるけど
  13. あの人と 同じようにしてみた
  14. まるで催眠術のよう
  15. キレイにしてもらうために
  16. 大津波が来た
  17. 私たちの距離は三度
  18. クンクンかがれて 恥ずかしいなぁ
  19. ちょっと油断していると
  20. おはよう 友だち!
  21. 出ておいでね と祈りを込めて
  22. いつもと同じように 風に身をまかせ
  23. 春 私はまだ知らなかったんだ
  24. 田舎に行った
  25. 集めて 集めて 熱い空気を
  26. 我輩は ボタンを持っている
  27. 早く起きてくださいよ
  28. 行ってはいけない 二日続けては
  29. 作ってくれて ありがとう
  30. 考えたこともなかった
  31. 昔は 薬だったってね
  32. ある時 ふぃっと生まれたんだ
  33. ごめんね 今日もいただくよ
  34. ここはどこだ オレは誰だ
  35. おはよう おはよう
  36. 赤いほっぺがあなたに似てるよ
  37. 子供のころから好きなんだ
  38. ネクタイするのがうれしかった
  39. 水たまり バシャバシャ跳ねた
  40. やりこめるのではない
  41. あたしゃ 町の嫌われ者さ
  42. ある時は あることに気づかない
  43. すぅっと息を吸って 一瞬の静寂
  44. あなたって まるで幽霊みたい
  45. さっきまでは ぺちゃりとしていたのに
  46. 一日の始まりに ページを開く
  47. とてもお似合いの二人でした
  48. なぜか忘れられなかった
  49. そんなこと言ってないよ
  50. 角 角 合わせて三角形
  51. 月曜日 黒いフタを開けてみた
  52. それは ある日そっと届く
  53. コトコトコトと 煮られております
  54. ここにワレワレがいるって
  55. 一人 地面にしゃがみ込んで
  56. いろんな服を着ております
  57. どこから来たのかわからない
  58. 縁側に面した部屋で
  59. みんなそこにやってくる
  60. そこは音のない世界
  61. ボクは走る
  62. ノーテンキなピアノの旋律
  63. 本当は昔からキライよ
  64. 炊かれて 蒸されて 放たれて
  65. 実に単純なもんだよね
  66. 皆さん 私が通りますよ
  67. 心地よいまどろみを破られて
  68. 五百年もの長い間
  69. ぐるぐるぐるぐる キミは回る
  70. はじめての時は ドキドキしたな
  71. 音がしてるのに 音が消える
  72. 待ってる時間は あなたを想う時間
  73. ごはんなんか 食べたくないよ
  74. 私たちは双子の姉妹
  75. あなたと私 いつも仲良し
  76. 空に誰かが絵を描いた
  77. 確かにアッシゃ 古いヤツでさぁね
  78. ガラガラ ガラガラ 身を削り
  79. 離れます くっつきます
  80. ほーほほー ほーほほー
  81. 鼓動のように光が息づく
  82. 私どもの業界では
  83. ワシはパクッと 紙を食べる
  84. なんか 落ち着きませんかねぇ
  85. こたつの上が好きなんです
  86. あといくつ寝るかだって?
  87. 最後にちょっと尻尾が見えた
  88. 富士も 鷹も ましてや茄子も
  89. お母さん ボクのあの封筒
  90. ねえ 知ってた?
  91. 真似したいわけじゃないの
  92. 最初の日 私がお手伝いします
  93. えいさ ほいさ
  94. 雪の上に落ちていた
  95. こげよ 走れよ 踏んで踏んで
  96. 昨日が行き過ぎ 今日はまだ眠っている
  97. 私はただ 起こるものだった
  98. 風に吹かれて生まれました
  99. 私は笑顔 私はお母さん
  100. なぞなぞハナウタ