僕の一生

作者 三石 警太

生まれるということ。生きるということ。

  • ★★★ Excellent!!!

 「生」というありふれた、それ故に奥深いテーマに基づいて書かれた物語。
 感動ものとしては王道で、良くも悪くも期待と予想を裏切らないものとなっています。
 この世界で生きてゆくということがどういうことなのかを、改めて見つめ直させてくれる名作でした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

爪切りさんの他のおすすめレビュー 185