難はみかげ

作者 サンダルウッド

24

8人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

若き青年二人が抱えた社会とのズレが、心の底で軋むようでした。

洗練された一般文芸的な文体と、縦読みをしたくなる画面使いはワタシ個人的な好みにガッチリはまっていました。
それだけでももう「好きです」とお伝えしたいのに、描写の細やかさなどは脱帽でした。

青年二人の視線の先に見えたもの、感じたもの、鼻先を掠めるものに喉の奥の温度まで。
五感に直接訴えかけてくるような土曜の朝から夕刻までを、あなたも触れてみませんか。

★★★ Excellent!!!

やはり純文学なだけあり、文章構成や、現在を舞台にしたヒューマンドラマ、それらが全て美しく仕上がったものとなり、他とは一線を画す高尚な純文学作品と言える作品です。
 大学を卒業し、大人となったばかりの二人を主軸に、語られる友情と、将来に対する葛藤、内容そのものは美しいだけでなく、現実味のある重く泥臭い感に、思い悩む様子……それらを文学以上に、高い芸術へと昇華させた物と言える内容でした。