怪奇短編集

作者 武江成緒

脱帽

  • ★★★ Excellent!!!

 私もカクヨムで奇談を書いているが、私の作品と比べて、一段も二段も上手な作品がごろごろしている短編集で、とても感心した。うまいものだ。
 同じようなアイデアの作品を私も書いているのだが、どうしてこうも違うのだろう。才能と努力の差であろうか。

 文章を書く基本的な能力が高い。また、読む人のことを考えて、丁寧に書かれている。
 文章から映像が浮かびやすい。しかも、浮かぶだけでなく、おもしろい情景を脳内につくりあげてくれる。


 ストーリーも、私が想定した以上の締め方をしていたり、オチがわかっていても書き方がうまかったりと、参考になる作品が多い。
 異常な世界のことを書いているのにリアリティがあるのは、文章の巧さと、得体の知らないものに対する恐怖、言い換えると、私たちに具わっているプリミティブな恐怖を扱っているからだろうか。


 個別の作品の話をすると、13話「社」から17話までが特によい。
 作品の中でいちばんよかったのは「社」。
 皆、一度はこういう作品を書いてみたいだろうなと思ったのは15話「恥」。
 16話の「丸く」は、日常から非日常への切り替えがスマートで感心した。


 私の作品を読んでくれている奇特な方々には、ぜひ読んでもらいたい。おすすめの短編集である。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

青切さんの他のおすすめレビュー 313