この夏が過ぎれば

作者 笛吹ヒサコ

夏のひと時は少女と一緒に

  • ★★★ Excellent!!!

親戚の女の子が突然やって来て、それからしばらく預かる事になった主人公のひとときの夏。

親戚を預かるなんてありふれた事なんですが、なんというかそこが逆に「夏休みって感じだなぁ」と思ってくる。そんな女の子サヤちゃんとの日々にしみじみさを感じる。

そんな中、かつての記憶をよぎらせる主人公。それはまるで今のサヤちゃんと重ねているかのように。

彼にとってそれが何を意味するのか。そして最後どうなっていくのか。
最後まで気になっていく、そんな物語です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

榊あんかさんの他のおすすめレビュー 243