クーデレ系乙女ゲームの悪役令嬢になってしまった。

作者 瀬名ゆり

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全92話

更新

  1. 1 父よ。なんてことしてくれたんだ
  2. 2 青葉は主人公巻き込む前に雅への気持ちに気付こうよ!
  3. 3 この天使は本当にあのクーデレ王子なのかっ!?
  4. 4 お、お兄様ああ~~~!!
  5. 5 よし、今日から表情筋をマッサージしますか
  6. 6 立花優
  7. 7 あなたのことが好きだから
  8. 8 とっておきの魔法を教えてあげる
  9. 9 女の子の、友達が言っていたんですけど~シリーズはだいたい本人ですよ
  10. 10 ……エレガンスコンビかぁ
  11. 11 ねえ赤也、わたくしあなたに話したいことがあるの
  12. 12 この俺様が? あんな鈍臭い女を? はっ、笑わせるな
  13. 13 へえー、キミがあの『立花雅』さんかぁ
  14. 14 本命チョコあげる相手いないだけでこんな扱いか
  15. 15 だから立花雅さん。オレの婚約者になってよ
  16. 16 姉さんの想像力は相変わらず豊かだね……
  17. 17 何よ、私との婚約は罰ゲームか何かか!
  18. 18 前野くんは……うん、言わずもがな
  19. 19 むしろどんなことをしてでも2人の仲を引き裂いてやるわ
  20. 20 最終的に青葉お兄様と結ばれる運命ですもの
  21. 21 ……ずっと会いたかった。僕の、僕だけの、婚約者
  22. 22 愛されてるね、立花さん
  23. 23 青葉様と雅ちゃんの婚約が秒読みって、本当でしたのね……
  24. 24 こんなの、わたくしの知る雅様じゃない……
  25. 25 一条瑠璃
  26. 26 ……あのさぁ、それは一体どこの『立花雅』さんの話?
  27. 27 これじゃあ私、本当に悪役令嬢じゃないか!
  28. 28 観察って……私は実験動物か何かかしら!?
  29. 29 正しいことが常に最善の選択とは限らないと思うから
  30. 30 頭を打っても消しゴムくらい1人で拾えるからね?
  31. 31 ……立花さんってブラコンだったんだ
  32. 32 ずっとお会いしたかったです。立花雅さん
  33. 33 甘い物が好きじゃないならアフタヌーンに来るな!
  34. 34 やはり先程の言葉は訂正します
  35. 35 恥ずかしいからいちいち言わせないでよぉ!
  36. 36 わたくしはあなたと婚約をしなくて良かったということが
  37. 37 ものすごく、がっかりしたんだ
  38. 38 一条青葉
  39. 39 皮肉なことにも、あなたの発言によってね
  40. 40 俺は立花のこと1番親しい女友達だと思ってたんだけどなあ
  41. 41 わたくし、失恋したんですわっ!
  42. 42 マナー、教養、そしてダンスよ
  43. 43 別にこのままでいいですよ
  44. 44 俺にもいる。ずっとずっと好きな人が
  45. 45 僕は君のことがすごく好きだったんです
  46. 46 その事実は変えられない、残酷なほどに
  47. 47 とってもお似合いね
  48. 48 立花綾子
  49. 49 修羅場、というやつでしょうかね?
  50. 50 ……一条みたいな奴には、わからないだろうな、俺なんかの気持ちなんて
  51. 51 綾小路桜子
  52. 52 ……まあ、青葉は時々びっくりするくらいデリカシーないよねぇ
  53. 53 わたくし達は幸せ者ね
  54. 54 前野白狼
  55. 55 君に婚約者が出来ないのは、そういう所なんだろうなって思っただけだよ
  56. 56 シローはかっこいいわよっ!
  57. 57 有栖川赤也
  58. 58 ……君は何度俺の足を踏めば気が済むんだ?
  59. 59 ……やはり俺は、君がひどく妬ましいよ、立花
  60. 60 婚約者がいるのに他の女の子に現を抜かすのは良くないと思うけどね!?
  61. 61 僕だってこんな可愛げのない糖分過多な令嬢と婚約だなんて嫌ですよ
  62. 62 君を除いて最も青葉の婚約者になる確率が高い令嬢だ
  63. 63 そばにいるために、本当の気持ちを隠すのは卑怯でしょうか?
  64. 64 あなたってすっごくわがままなのね、伊集院さん
  65. 65 オレは瑠璃の方が可愛いと思うけどねえ
  66. 66 俺様キャラなんて現実ではファンタジーだからね?
  67. 67 誰かになりたいなんて、愚かな考えだ
  68. 68 皆さんいささか無遠慮じゃありませんか!?
  69. 69 ……それ全部食べ終わってから言う!?
  70. 70 嘘も方便って言うだろ?
  71. 71 ちなみにそこが1番気に食わないところだからね!?
  72. 72 答えを出すのがわたくしには怖かった
  73. 73 そんな日は永久に来ないぞ
  74. 74 彼女はきっと、あなたを心から愛してくれますから
  75. 75 ……まったく響いてないな
  76. 76 ああ、きっともう君とこんな風に関わることなんてないだろう
  77. 77 キミは赤也くんと踊りたかったの?
  78. 78 自分の気持ちばっか大切にして、ちっとも相手のことなんか見てなかった
  79. 79 ……答えは簡単です。その必要がないからですわ
  80. 80 これじゃあ、どちらがプレゼントをもらったのかわかりませんわ
  81. 81 馬鹿なお前にもわかるように言語化してやろう
  82. 82 なんやねん、そのはるかに上空からの物言い!
  83. 83 まあ普通は好きな相手には言いませんよね
  84. 84 本当に考えてたよ、失礼なこと!
  85. 85 意外と可愛いとこあるじゃん梓!
  86. 86 前野さんと綾小路さんって婚約しているんですか?
  87. 87 婚約していないのなら、まだ可能性はあるじゃないですか
  88. 88 うわあ~、すごいの見ちゃったねぇ……
  89. 89 こういうシチュエーション乙女ゲームでよく見るやつよね!
  90. 90 わたくしは、黄泉様のそーゆー面倒なところが、好きですよ
  91. 91 協力して頂かなくて構いませんが、せめて私の邪魔をすることはしないでくださいね?
  92. 92 あなたを見ているとすごく気分が悪い