呪縛解封師‐君想うゆえに君ありて‐

作者 紅雪

574

198人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 兎に角、情景描写が美しい物語です。そして、それと共に描かれるひとりの少女の恋心はまるで詩のようで、読む人の心を惹きつけていきます。

 君想う故に君ありて。

 このタイトルに全てが集約されている作品です。とても素敵な物語なので、是非一度、足を止めて読んでみてください。手が止まらなくなりますよ。

★★★ Excellent!!!

千年の恋。たった一人の相手を思い続けた、そんな健気すぎる恋に心を奪われました。壮大なテーマとは裏腹にストーリーは読みやすくも世界観がしっかりしています!キャラクターの日常会話が面白い。シリアスと日常のバランスがしっかり取れてて重いのが苦手な人もすらすらいけちゃうと思います。和風テイストな作品が好きな方には絶対オススメ!

★★★ Excellent!!!

成就するのかしないのか。
あまりにも予想外に色々と障害があって、そこにもハラハラします。
互いに千年思い続けた一途さ。
そして色恋がらみではなく、支えてあげる主人公。
主人公の男らしく爽やかなところも、本当に魅力的です。
呪縛にかかった美しい姉妹にも、幸せになってほしい。
でもこの主人公くんならば、きっとそれをかなえてくれる気がする物語です。

★★★ Excellent!!!

あなたは好きな人を想って1000年待つことができますか?
あらすじからの作者様の投げかけ。
もう、これがすべて。
これにつきるんじゃないでしょうか。

中軸は、千年間、待ち焦がれていた想い人をめぐる
そんなラブストーリー。
その合間に、時代に翻弄された姉妹。
妖たるヒロインの正体。
家の問題。
友人の恋慕。
自己のアイデンティティと、この物語を取り巻く要素が非常に豊かで。

個人的には、主人公の柊哉君。
彼が本当に良い人で、
それぞれの想いを後押ししてくれる。

でも、彼も抱えているものがありそうで。
レビュワーが男性ということもあるのですが。
柊哉君には、ぜひ幸せになって欲しいと思います。


この物語では、梅の言葉が重要なキーワード。

梅の花言葉は
「忍耐」と「高潔」

この物語のヒロインに相応しいって思うけれど。
この物語に登場する、メインキャラクター達、みんなに言えそうな気がします。


それぞれにとっての。
読む人にとっての。
桜の園ではなくて
梅の園を見させてくれる

華美ではない。
煌びやかでえもない。

優しく、包み込んでくれて
仄かに、香る。

まさに梅の花言葉。
そんな物語に、出会うことができました。

★★★ Excellent!!!

キャッチコピーに偽りなしの作品です。
さらに、純愛調で進むのかと思いきや予想を超えて物騒な展開がいきなり始まるため、心を鷲掴みにされてしまいます!

目的が明確なため、まだまだ謎が積まれている中でも読む側として視点が一切ブレることがなく、話が頭に気持ちよく滑り込んできます。

登場人物の妖は1000年という重みに説得力を持たせる真っ直ぐな想いと現代に戸惑いつつもそれを楽しむ子供心が同居しており、ついつい応援したくなるとても魅力的なキャラとなっています。

まだまだ読み始め、かつ完結していない状態ですが、書かずにはいられなかったため、レビューを投稿させていただきました。

今後の恋の行方に期待しています!


★★★ Excellent!!!


” 人間×妖の異種恋愛 平安→令和を駆ける時空を超えた和風ストーリー
あなたは好きな人を想って1000年待つことができますか? ”

このあらすじの一部で、興味を惹かれました。

読み進めていくことで、さらに登場人物たちの深いストーリーがよく書かれていると感心。

お話はまだ完結してませんが、とても面白いです。

葵が藤臣のことを話す時ののろけっぷりが可愛いですね。

双子の姉妹とその母親との関係性が、この先どうなるのか気になります。

続きが楽しみなので、期待を込めてレビューさせていただきました!

オススメの作品です(^_^)♪