紫の桜と桃色のスミレ

作者 秋田健次郎

老後

  • ★★ Very Good!!

 目の前のドブ川が主人公の心象だろうか。桜問答には鋭い心理の機微を感じた。
 詳細本作。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

マスケッターさんの他のおすすめレビュー 1,087