昏き宮殿の死者の王【Web版】

作者 槻影

新しいアンデットの物語

  • ★★★ Excellent!!!

良い意味で予想を上回る物語。

病弱な主人公はある魔術師によってアンデットとして生まれ変わった。

死者を蘇らせる。そこに慈悲などなかった。

生前の記憶をもって蘇ったのは幸運だっただろう。しかし、アンデットの主人公にとって世界は都合の悪いように動いている。

不都合主義の物語ではないだろうか。

ただ生きたいという執念で広がるこれからの物語に期待が広がる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

不治の病に身を侵された青年は、希望もなく、ただ苦痛に耐え人生を終えた。
全てに絶望し、無力を嘆きながら死んだ無念は死後に青年をアンデットへと変える。

死を克服し、苦痛から解放され、ようやく手にした… 続きを読む

シルアさんの他のおすすめレビュー 8