昏き宮殿の死者の王

作者 槻影

347

120人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

本作の主人公となるのは、不治の病に全身を侵され苦痛の中死んでいった一人の青年。

だが、死んだはずの彼は死霊魔術師ホロスによって死肉人(フレッシュ・マン)として甦らせられ、エンドという新たな名前を与えられる。

何やら不穏な計画を立てているホロスの下から逃げ出そうとするエンドだが、ホロスの言葉には一切逆らえず、そう簡単に逃げ出せそうにない。さらに彼らの住処には、アンデッドの天敵とも呼ばれる終焉騎士団が近づいていた……。

本作の主人公エンドだが、特徴としては凄く弱い! いや、一応死肉人(フレッシュ・マン)になったことで猛獣と戦えるぐらいの戦闘力は持っているのだが、いかんせん周りが強すぎる。死霊魔術師ホロスも終焉騎士団の面々も、その気になれば簡単にエンドを殺すことができるのだ。そんな彼らに囲まれるという絶望的な状況下でどうにか生き残ろうとするエンドの立ち回りが実に読ませるのだ。

自由意思が残っていることを隠してホロスの裏をかこうとしたり、時には自分の不幸な生い立ちを利用して同情を買おうとしたりと、あの手この手で窮地を切り抜けようとする。どんな苦痛に襲われても、地獄のような生前の記憶をバネに這い上がっていく。

正しい道を歩もうとするヒーローのような正義感もなければ、敵対する者全てを薙ぎ払う悪の支配者のような力やカリスマもない。だからこそ彼が必死で生き延びようとする姿は強烈に胸に刺さるのだ。

(新作紹介 カクヨム金のたまご/文=柿崎 憲)

★★★ Excellent!!!

良い意味で予想を上回る物語。

病弱な主人公はある魔術師によってアンデットとして生まれ変わった。

死者を蘇らせる。そこに慈悲などなかった。

生前の記憶をもって蘇ったのは幸運だっただろう。しかし、アンデットの主人公にとって世界は都合の悪いように動いている。

不都合主義の物語ではないだろうか。

ただ生きたいという執念で広がるこれからの物語に期待が広がる。

★★★ Excellent!!!

不治の病に身を侵された青年は、希望もなく、ただ苦痛に耐え人生を終えた。
全てに絶望し、無力を嘆きながら死んだ無念は死後に青年をアンデットへと変える。

死を克服し、苦痛から解放され、ようやく手にしたはずの『自由』。
けれどもその自由には死霊術師という絶対的な枷が付けられていた。

真の自由を求めて足掻く、アンデットの青年の冒険譚。
最弱の不死者の身でありながら一縷の希望を胸に絶対的な理不尽に抗う姿は読む者の胸を熱くします。

ダークなテイストで紡がれる少年の奮闘。困難から脱出を目指す姿には日々悩み、葛藤するあなたもきっと共感できるはずです。