なろうテンプレの正体

作者 結城藍人ゴツトツコツ

259

96人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

「なろうテンプレ」の作品読んだことありますか?
 私は一時期読みまくりました。
 ランキング上位の作品を片っ端から。
 
 結城藍人カクト様と同じく、私も自ら「なろうテンプレ」の作品を書いたりしました。
 得られた知見は非常に似通っています。
 信憑性の極めて高い、分析になっています。

 また逆に言えば、「なろうテンプレ」の攻略本足りうる内容にもなっています。
「なろうテンプレ」を書き始める前に、読まれることをお勧めします。

★★★ Excellent!!!

情景や心情描写を省く、擬音の多用、視点のブレなど、本来、小説としての禁忌を破っている筈のなろう系小説がなぜウケるのか、その理由や、なろう系小説といわゆる一般的な小説は別物である点を、的確に論理的に指摘している。
自分はなろう系作家を目指すのか、それとも小説家を目指すのか、小説投稿サイトでランカーを目指す前にこれを読むことを勧めます。

★★ Very Good!!

読了後に思ったことを一言で表すならば、『もっと早く知りたかった』これに尽きます。

作者様自身が実際に「小説家になろう」へ投稿する際に用いた戦略や思考をまとめつつ客観的に、なろうでウケる設定や文体などが紹介されています。

そして、何よりも考察の分かりやすさ。簡潔かつ論理的で、独自の考察でありつつも決して主観的で独りよがりなものにはなっていない圧倒的なバランス感覚。

もしも、目の前にタイムマシンがあるのなら──初めて小説を執筆・投稿し、パソコンの前で胸を躍らせている自分へこれを伝えたい。

前提の心構えとして、一読を勧めます。

★★ Very Good!!

「なろう小説とは、読むチート改造したRPGである」という指摘は、あのよくわからない独特の世界を端的に言い表したものでありましょう。必須パターンや、日本語的に優れた文章が逆に忌避される理由など、その指摘は的を射ているものが多いように思われます。

なろうテンプレが書きたい人は、書くべきものを明確化するために。そうでない人は、活動の場と作品の方向性を明確に意識するために。あくまで一つの意見として、ご一読される価値はあるのではないかと。

★★★ Excellent!!!

本作では、なろうテンプレと定義しておりますが、その派生は多いと思われます。

他のサイトでも、店頭でも見られると思います。

分かりやすくまとめた本論において、ゲームRPGについての記述が多くあり、私はなるほどと思いました。

果たして、ウェブ小説の正体とは何か。

書物となった小説とはなにか。

それらとゲームRPGとの関わり方はどうなのか。

結論、我々は、いかにして、小説と向き合うか。

とても考えさせられる論述です。

是非、ご一読ください。