なろうテンプレの正体

作者 結城藍人

136

51人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

「なろう小説とは、読むチート改造したRPGである」という指摘は、あのよくわからない独特の世界を端的に言い表したものでありましょう。必須パターンや、日本語的に優れた文章が逆に忌避される理由など、その指摘は的を射ているものが多いように思われます。

なろうテンプレが書きたい人は、書くべきものを明確化するために。そうでない人は、活動の場と作品の方向性を明確に意識するために。あくまで一つの意見として、ご一読される価値はあるのではないかと。

★★★ Excellent!!!

本作では、なろうテンプレと定義しておりますが、その派生は多いと思われます。

他のサイトでも、店頭でも見られると思います。

分かりやすくまとめた本論において、ゲームRPGについての記述が多くあり、私はなるほどと思いました。

果たして、ウェブ小説の正体とは何か。

書物となった小説とはなにか。

それらとゲームRPGとの関わり方はどうなのか。

結論、我々は、いかにして、小説と向き合うか。

とても考えさせられる論述です。

是非、ご一読ください。