ある日突然、人殺しと言われて。

作者 木沢 俊二

選ぶこと。それは何かを捨てること。

  • ★★★ Excellent!!!

ひとつを選ぶ。それは、補集合的にその他を捨てて進むこと。

そう考えさせられる作品です。
優しい物語になってくれて良かった。

途中ハラハラしました、てめぇ琥太郎に手ぇ出しやがったらマジしばく………と吠えたくなる瞬間があって、、、おっと、レビューと感想がごちゃ混ぜでしたね失礼しました。

我々は皆、選んで拾い、選ばず捨てて、進み続ける生き物です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

越智屋ノマ (オチヤノマ)さんの他のおすすめレビュー 261