小説が書けない!

作者 雲江斬太

決して他人事ではない。

  • ★★★ Excellent!!!

幸運なことに――というのか、私はまだここまで『書けない』という事態に陥ったことはありません。
というのも、いまも正直なところ『そんなに書けていない』からです。

雲江さんのように出版一歩手前までいったこともなければ、賞に出しても良くて一次通過です。
カクヨムでも、★100越えの爆発的ヒットなんてものもないわけです。
そりゃたまにネタがおりてこないなぁと思う時もありますし、情けなくも放置してしまっている長編もあったりします。けれどもいつかは書けるだろう、なんて。

だからこそ、危機感もないわけでして。

いまだって何とか書けているんだから。
そんな気持ちというか。

読んで思ったのは、そこそこ健康な人が油断して大病を患うイメージでした。
そうなるともう一気に弱ります。これまで自分の身体と上手く付き合ってた気でいたわけですから。それなのに裏切られた、自分に、と。

こんな私でも書くことは大好きなんです。自己満足の部分も結構ありますけど、読んでくださる方もいます。だったら、自分から「もう書くのはやめる」と言うまで書き続けたい。

書けなくなって苦しんでる人も、
私のように「いまはそれほどでもないし」と思っている人も、大変参考になるお話ではと思います。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

「小説が書けなくなった」「筆が進まない」「キーボードを前にしても、指が止まる」

そんな経験をしたことがありますか?

この作者様は、その時の経験を赤裸々に語っておられます。

人によって「書けない… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

「小説が書けない!」
 それは作者にとって、恐怖以外の何物でもいでしょう。

 今作は、作者様自身の小説が書けなくなった時の経験を赤裸々に描きつつ、それに対する対処が丁寧に語られている良作です。

続きを読む

宇部 松清さんの他のおすすめレビュー 757