アストライアー

作者 富士田けやき

1,214

417人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

「カルマの塔」に次ぐ、富士田けやき先生が織りなす珠玉の群像劇・戦記。

気が遠くなるほど長い時間を描く中で、様々な思想を持つ多くの登場人物、その一人ひとりの想いがじっくりと絡み合って大きなうねりを生み出し、あっという間に読者をその世界観に引き込んでくれる名作。

なんでもないようなキャラクターの雄叫びが我々の胸を打ち、ふと見逃してしまう一文が大きな伏線として我々の脳髄を穿つ。
一度読んだだけでは到底足りない。二度読んで気づくこと多々あり、三度読んでもまだ感動できる。


今からでも遅くない。次の物語に向けて、この世界に全人類のめり込め!!!

★★★ Excellent!!!

富士田先生の「カルマの塔」を読んだ上で読んでほしい。

人の想い、生き様は天を突く塔のように積み上がる。
只人の遅々としたそれにより、訪れる様は終わりのようで始まりか。

人を、世界を変えるのは英雄ではなく只人である。
英雄の起こした奇跡ではなく、凡人の歩んだ軌跡が世界を変える物語。

今を懸命に生きる人達に読んでいただきたい物語です。

★★★ Excellent!!!

面白い。主人公の境遇としては装甲悪鬼に近いものがある。がオリジナリティも付加されてる。今のところ戦闘方法は某弓兵に近い。足りないスペックを戦闘経験と武装で補い、心で底上げする。いいね、こういう作品を待ってた。作者さんは前作といいシリアスな小説を作るのが上手い。ちゃんと味方もやられるのもいい。緊張感があるからね。良いキャラだから惜しくはあるけど

残念な点、というか改善点は二つ。一つは誰が会話してるか分からない部分がままある。特に十位が協力して戦闘してるときとか。他にもちょくちょくあるけどね。二つ目は、展開が早すぎる。物語としての展開はいい。でもキャラが短期間に多く登場しすぎて誰が誰か把握しづらい。専門用語も唐突にでてくるからそれなんだっけ?ってなることも多い。そしてキャラの掘り下げが少ない。特に主人公が守った子供達との関わりが殆どないから舞台装置になってしまっている。子供達がどう感じてるのかアストレアがどう思っているか。そこら辺の人間味?が足りないかなと。あと主人公が敵側だったことに対する不信感があるって話があったけどまだ出てないだけかもしれんけどこれも設定だけになってる気がする。

気になる所はあるが正にこれこそが正義の味方の物語と言えると思う。正義とかいう言葉は嫌いだがこうしか言いようがない。彼は勇者ではない、英雄ではない、しかし一人の人間の物語といえる。力はない、能力もない、プラスの気持ちもない。だが逃げても折れない、諦めない。泥くさい魅力のある主人公だ。

★★★ Excellent!!!

戦闘が熱いというか、なんというかキャラが熱いのかなんと言ったらいいかわからないけど、とにかく熱い!そしてカッコイイ!

世界観も主人公もめちゃくちゃハードで軽く読もうとしてるとしんどいかもしれない。だけどそれでも読み進めるとすごく面白くなってくる。

世界がだんだん広がっていくのも感じるし、キャラの深みとかはほんとにすごい。
敵にも味方にも魅力があるから、読んでいてイライラしないし、素直にカッコイイなあと思える。

注意点としては良くも悪くも登場人物が直ぐに死んでしまうところがあること。
死を書くのが上手いから、死が作品をより魅力的にしてるんだけれども、やっぱり感情が揺さぶられるのがつらいかもしれない。

それでもやっぱり色んな人に読んで欲しい。読む価値は絶対にあると思います!
絶望の世界で響く人間賛歌、是非読んでください!

★★★ Excellent!!!

 恨んで悔やんで蔑んで。
 否定し拒絶し後悔し。
 そうして堕ちた地の底で、罪を重ねて思い出す。

 俺にはこれは耐えられない。
 罪の重さが苦し過ぎる。

 そして為すは偽善、偽善、偽善。
 偽りの英雄であり、何も持たぬ劣等種であるから。
 全てを捧げて力を手に入れ、贖罪の為に王を討つ。

 心を苛む罪の鎖を緩める為に。
 いつの日か、復讐の果てに死ぬ為に。
 全ては、自己満足と贖罪の為に。

★★★ Excellent!!!

圧倒的なストーリー展開と心情描写でカルマの塔の連載を続ける富士田けやきの新作アストライアー。

アストライアーとは星乙女、輝く者の語義を持つそうで、登場人物の一挙一投足すべてに伏線を張り巡らす作者は、果たしてどんな願いを込めて名付けたのだろうか?

他にも、偽善で世界を変えようとする主人公は今作にどの様な影響を及ぼすのか、カルマの塔と世界観はつながっているのかなど、興味深い点は枚挙に暇がない。

しかし、作者の描く世界観は必ず僕たちの胸を締め付けてくれるに違いない。その時まで僕たちはただ小説の更新を待ち続けるしかないのだ。
あけましておめでとうございます。お身体に気を付けて連載頑張ってください。