アストライアー

作者 富士田けやき

長い長い歴史の、ひとつひとつの積み重ね

  • ★★★ Excellent!!!

「カルマの塔」に次ぐ、富士田けやき先生が織りなす珠玉の群像劇・戦記。

気が遠くなるほど長い時間を描く中で、様々な思想を持つ多くの登場人物、その一人ひとりの想いがじっくりと絡み合って大きなうねりを生み出し、あっという間に読者をその世界観に引き込んでくれる名作。

なんでもないようなキャラクターの雄叫びが我々の胸を打ち、ふと見逃してしまう一文が大きな伏線として我々の脳髄を穿つ。
一度読んだだけでは到底足りない。二度読んで気づくこと多々あり、三度読んでもまだ感動できる。


今からでも遅くない。次の物語に向けて、この世界に全人類のめり込め!!!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

面白い。主人公の境遇としては装甲悪鬼に近いものがある。がオリジナリティも付加されてる。今のところ戦闘方法は某弓兵に近い。足りないスペックを戦闘経験と武装で補い、心で底上げする。いいね、こういう作品を… 続きを読む

@itti_1111さんの他のおすすめレビュー 18