瑞希が紡ぐ群像劇は、やがて二〇一五年八月二十四日の告白を結ぶ。

作者 大創 淳

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全50話

更新

  1. 序幕 始まりは、初子から。
  2. 第一話 春の風は、第二の人生を迎える道しるべ。
  3. 第一部 舞台は、少し未来へ。
  4. 第二話 まさかの空想オチ? ……でも、ライダーの正体は?
  5. 第三話 ありふれた朝。見慣れた風景のはずなのに。
  6. 第四話 思っていたよりも、いつもの光景。
  7. 第五話 活動は下校時から。……すると、すぐ梅雨入りに。
  8. 第六話 瑞希の正体は? ……何と、取説が存在するのだ。
  9. 第七話 前回に引き続いて、瑞希の休日込み六十%の取説。
  10. 第八話 この気持ちは何? とても変だけど。
  11. 第九話 二人揃ったら、タイガー&ドラゴン。
  12. 第十話 人生で初めての壁ドン! を招いたサスペンス劇場。
  13. 第十一話 まさかの無断欠席? でも、黄昏の刻に君は……。
  14. 第十二話 初めて迎える十五の夜、彼女は一緒にいてくれた。
  15. 第十三話 まさかの終わらず? ……ならば、これが第十二話の後編だ!
  16. 第十四話 ……じゃあ、これが第十三話? しかも、ラストに予告あり。
  17. 鴇シリーズ第一章 くるくる想い出編
  18. 第十五話 新展開! 運命の日となった今日。
  19. 第十六話 想い人来たる! テーマはタイムリープ。
  20. 第十七話 親心子知らず。でも、子は親を見ている。
  21. 第十八話 おお、夢のコラボレーション? Xマスのシチュエーションを含め。
  22. 第十九話 ……ああ、仰げば尊しは、前回お話する予定だった。
  23. 第二十話 師のもと集いし、我らこの地にあり。(おもてなしコース)
  24. 第二十一話 娘と母の距離。お家までの距離。
  25. 第二十二話 お話は続きますよね? 長い沈黙を破って、誰が何と言おうとも!
  26. 第二十三話 青春ものの覚悟! 有り得なくも正面衝突&まさかの一本背負い。
  27. 第二十四話 国際的な問題? 勉強不足を、物語は待たずに進展しちゃった。
  28. 鴇シリーズ第二章 必殺情報屋稼業編
  29. 第二十五話 昭和五十九年七月六日の夕刻。……最後の砦で出会った天使は。
  30. 第二十六話 井戸の中の蛙だったのか? いつの間にか巻き込まれていた。
  31. 第二十七話 そもそもこの設定、天使が登場するには相応しくないかも?
  32. 第二十八話 あなたの覚悟を承って、今日も出陣のテーマが流れるのだ。
  33. 第二十九話 スリリングな設定に心躍る、必殺の情報処理の華麗な舞。
  34. 第三十話 ハードボイルドな世界に於いても、それは輝ける青春もの。
  35. 第三十一話 情報屋が、最後に辿り着く場所とは?
  36. 第三十二話 粉雪が舞い散る夜、……衝撃のラストを迎えた。
  37. 第三十三話 物語の糸が切れた? 彷徨える魂は何処へ?
  38. 第三十四話 時系列を超える旧号の願い。その回想は未来へ繋がる。
  39. ……挽歌。
  40. 第三十五話 前夜祭の詩。
  41. 第二部・第一章 夢見る少女・マリと白馬の王子様。
  42. 第三十六話 サプライズ!
  43. 第三十七話 夜更けのスキャット。
  44. 第三十八話 子供は寝なさい!
  45. 第三十九話 或る日突然!
  46. 第四十話 乙女のメルヘンチックな夢の中と仰げば尊しの人。
  47. 第四十一話 続・メルヘンチックな夢の中と仰げば尊しの人。
  48. 第四十二話 そして今日の現実な世界へ。
  49. 第四十三話 流れるカントリーロード! それは、心ときめく登校日。
  50. 第四十四話 現在の学園の事情を添えながらだけど、先生は今日も健気に。
  51. 第四十五話 瑞希、遂に『タイガー』を発動する? そのお陰でだな……。
  52. 第四十六話 二つの視点を用いて貴方へ贈る、それぞれの昼休みの様子。
  53. 第四十七話 君のリアクションを楽しむため、今はただ勇気を振り絞り。
  54. 第四十八話 ……夢見る少女は、年季の入った二冊の本を抱いている。
  55. 第二部・第二章 これから紡ぐマリとの物語。
  56. 第四十九話 そしてマリと、五番町の喫茶店。
  57. 第五十話 マリンへの誘い。