後宮の下賜姫様

作者 四宮あか

テンポの良いストーリーと、前向きな主人公が魅力的

  • ★★★ Excellent!!!

最初に無理難題をふっかけたのは祖父だった。
主人公は薬屋を継いで商売がしたい。でも祖父は孫娘に嫁に行ってほしい。諦めの悪い孫娘を諦めさせるための無理難題だった。
ところが主人公は持ち前のたくましさと賢さと粘り強さで見事解決……かというところで今度は後宮行きが決定。自分など皇帝に見初められるわけもなし、一年で市井に戻れると高をくくっていたら、皇帝がらみのとんでもない無理難題をふっかけられることに。
生きて市井に戻れるのか、好いた男との恋の行方はどうなるのか、というお話。

軽快な語り口で読ませる作品。
主人公の思考は商売人のそれで、後宮での嫌がらせに対しても冷静に分析して対処する。読んでいて気持ちが良い。
ここからどう難題を切り抜けていくのか、ワクワクしながら読んでいます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

晴見 紘衣さんの他のおすすめレビュー 169