花盗人は罪に非ず

作者 三沢ひらく

55

23人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

歪な関係と愛憎が入り混じる。こんなにじわじわと不安な気持ちにさせられるホラーは久しぶりだったので、とても引き込まれました。
特に、特別な子――想治郎くんが魅力的に見えたり、狂気的に見えたり、つかみどころがなくて始終不安な気持ちに……。彼が何者なのか、多く語られないのが逆にすごく良かったです。怖かった!

★★ Very Good!!

彼は人間ではない、化け者だ。
そんな少女の思いはやがて本物の化け物を生み出し、飼い馴らし、内を食らう。
その化け物は、化け者か?
人ならざる者であることは確かだろう。一つ目の持つ意味は「執着」である。
彼は何に執着し、彼女は何に執着したのか。
その答えは、一つ目のみが見通している。

★★★ Excellent!!!

虞と虜は似ている。
愛は時に恐怖をもたらす。

《惜しみなく愛は奪ふ》というのは大正の文豪が語った言葉ですが、まさにこの短編小説に登場する彼の愛は《奪う》ものです。暮らしのなかの細やかなものを盗み、身体と経験を奪い、人生そのものを侵食していく。
読み終えた時に、読者のこころまで奪われてしまったのは気のせいでしょうか。それとも《彼》と著者様の為せる業なのか。

短時間で読めて、余韻は長い。いつまでもぐるぐると頭のなかに残る、なんとも魅惑的な小説でございます。皆様がたも是非ともご一読を。
虜になるか、虞になるか。はてさて、貴方様はどちらでございましょうか。

★★★ Excellent!!!

想治郎くんの主人公への妄執が恐ろしいです。
じわじわと主人公の心を蝕み、追いつめてゆくところが非常に怖いです。
タグにある通り、これは狂愛、ですね……

想治郎くん、このネーミングがいいな。あまり名前に使いそうにない、「想」の字。切ないです。ドSなストーカーだけど……

★★★ Excellent!!!

好きな子の物をとる想治郎。
人気者だけど暗い感じで、究極のストーカーですけど、不思議な魅力を醸し出してる。

主人公が抱く被害者としての感情もよく理解できます。

怖いけど惹かれてしまう、なんか裏腹で複雑な心境。

この続きは、きっとハッピーエンドに違いないっ。^-^