優しい死神は、君のための嘘をつく(旧題:桜色に染まる空の向こうで優しい死神は笑う)

作者 望月くらげ

死神さんと病気の少女。寿命の間際に流れた涙は、切ないほどにあたたかい

  • ★★★ Excellent!!!

桜と死神、という印象深いコントラストを背景に、寿命が迫る少女を描いた物語。

病気の自分について「家族の迷惑」としか感じられなかった少女は、死神からの余命宣告にも動じなかった。
むしろ「はやくあちらに行きたい」と言う。

それから彼女の寿命まで、死神は少女に寄り添い続ける。その二人の生活が、少女を段々と明るく変えていくのだけれど、もちろん寿命は迫っていて……。

決して報われない恋なのだけれど、それでも読者が物語の最後に流す涙は、あたたかい色をしているはずです。

切ないけれどほっこりする。そんな恋愛物語をお好みの方にぜひオススメします。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

安室凛さんの他のおすすめレビュー 341