蒼く透明な夜、私たちは宇宙(そら)に向かって手を伸ばす

作者 水瀬さら

近すぎた分離れていく、どこまでも遠くへ

  • ★★★ Excellent!!!

団地の中で共に過ごしてきた幼馴染達が、成長するにつれて離れていく物語。幼い頃からの恋心。それぞれの生きている環境。これに対しての行動。読むたびにどうしようもなく思えてしまう。

主人公は男の方に呼びかけ、男の方はもう一人の女に対して背中を押そうとする。見事なまでにすれ違っていて、気付いた時にはもう手の届かないとこまで行ってしまっている。

青春の中での葛藤が詰め込まれた良い作品でした。ありがとうございます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

神帽士さんの他のおすすめレビュー 29