失った人生の細片を指おり数える

作者 ささやか

すべての死にたい子供たちに読んで欲しい。

  • ★★★ Excellent!!!

もしも、私がこの国の独裁者だったら、
国語の教科書にこの詩集を載せることでしょう。

もしも、我が娘が「死にたい」などと呟いたら、
私はそっとこの詩集を差し出すでしょう。

もしも、私が富士の樹海に縄を括りつけた時は、
この詩集を再読してなんとか生命を食い繋ぐでしょう。

電波が届かなかったら笑ってくれ。

何でもいい、しみったれた人生でも底辺のくそったれでも何でも。
ただ私の大切な人が、明日の天気の話に興味を持ってくれるならば。

フォロワー各位。いやそうじゃなくても何でもいい。
すべての死にたい子供たちに、私はこの詩集を読んで欲しいと思う。

圏外じゃないなら読んでみてくれ。
大人になんて成らなくてもいいから、読んでみてくれ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

拝啓、五色ヶ原です。さんの他のおすすめレビュー 289